エアデールテリア・ハルッカ♪のこと

e0113673_2152741.jpg喪中や入院で二年まともな年賀状を出せずにいましたが、今年はやっと。
東京から引っ越ししてきて、新住所もお知らせせずに居たのでした。
いただいた年賀状で、ブログを読んでくださっていると言う方が多く、
意外な懐かしい人までが、気にしてくださっているってことがわかりました。
私の体調を気遣ってくださる言葉、新しいぬいぐるみたちを楽しみにしてくださる言葉、ありがとう。
そして、ハルッカ♪に触れてくださる方がとにかく多かったです。
「家族になれて良かったね」
「ハルッカに会いた~い」
「ハルッカ、かわいいね」
「ハルッカと楽しい一年を」
ある日突然に、、、というか、いつの間にあかねさんちに居るようになっていたでっかいハルッカ♪のことを
今日はちゃんと紹介させていただきますね。


e0113673_2153857.jpgハルッカ♪は、東京の池袋で育ちました。私と出会ったのは2010年の10月末。ハルッカ♪は2歳。既におっきい子でした。
ネットで里親募集の記事を見つけて、私が池袋に会いに行きました。
ハプニングによる近親繁殖で生まれ、将来が危うい仔犬だったハルッカ♪は池袋のお母さんに
ほかの兄弟と2匹で「ちゃんと飼い主が見つかるまで」と引き取られ、大勢の小型犬達と一緒に大切に育てられました。
ハルッカ♪は女の子、もう一匹は男の子。
お兄ちゃん?弟?どちらかはわかりませんが、男の子の方は割と早く貰われていったそうです。
ハルッカ♪のおウチはなかなか決まらず、いつの間にか成犬に。
池袋のお母さんが諦めかけていたところに、私が申し出ました。
池袋の人混みの中で初めて出会い、次は富士宮のだだっ広い朝霧高原で会いました。
2週間ほどのトライアル期間を経て健康診断で異常なし!を確認させていただき、ウチの子になりました。

池袋のお母さん曰く、「一度も望まれたことのない子」。
私は自分の生涯のうちに一度はエアデールテリアを飼いたい!とは思っていましたが、
世の中には、救いを求めてる命があるというのに、お金を出して自分の好きな犬を買ってくるという
気持ちになかなかなれずに居ました。
もちろん、自分の好きな犬を愛し最期までみることだって、かわいそうな子を
助けるのと同じくらい尊いこと。かわいそうな子を減らすことにもつながると思っています。
エアデール出産情報はチェックし続けていましたが、積極的にブリーダーを訪ねることはせず、
病気にもかかってしまった私は、「エアデールテリアを飼うというのは夢に終わるのだろう」と思っていました。
でも、病気になって、急にいろんなやる気が出てきてしまい、車と免許を取得。犬を載せるためです。
「運命のエアデールに出会ったら迎えられる自分でいよう!」と手帳に書き、
その数日後!ハルッカ♪の里親募集の記事が目に飛び込んできたのです!!
自分からブリーダーを訪ねることなしに、私の前に現れたエアデール。ハルッカ♪
一度も望まれたことのないハルッカ♪は、私の望みをかなえました。

エアデールテリアと言えば、犬に詳しい方ならなかなか手を出さない犬種らしいです。
その風貌からは想像もつかない「強さ」を秘めています。
その強さは、頼もしさにも恐ろしさにもなります。
池袋のお母さんが将来を思い、大事にここまで育てて下さったので、私はちょっとラクが出来ています。
ちなみにハルッカ♪の前の名前はティラ。ティラミスちゃんと呼ばれていましたが、実はティラノサウルスのティラだともおっしゃっていました。
池袋のお母さんが「名前は変えた方が、本犬も気持ちが変わっていいかも」と
いうことで、遠慮なく、前の愛犬、ハルとルカが二匹一緒のときにみんなに呼ばれていた「ハルッカ」に。
楽しいことが起きそうな♪もつけて「ハルッカ♪」です。
出会って2カ月。現在3歳になったばかり。
まだまだこの犬の知らないことがたくさんあると思います。
良いところを伸ばし、私もハルッカ♪に引き出してもらい、お互いの命を輝かせるように女二人、一緒に歩いていきたいと思っています。
今年も、これからも、どうぞよろしく見守ってください。
[PR]
by dog_god | 2011-01-07 23:30 | 犬との暮らし
<< 犬、社会化見学 一生もの >>