カテゴリ:料理( 24 )

おとといの催し

e0113673_10284955.jpg

夕方から、病室で「インドカレーパーティ」。同級生、看護師さんたち、母、わたし、8人で。

カレーは五種類。
ナンは、プレーンとチーズとガーリック。

デザートはメロン!

私は少しずつ頂いて、みんなは楽しくガッツリ!!

またやろね。
[PR]
by dog_god | 2012-08-27 10:28 | 料理

笑顔クッキー

e0113673_10512423.jpgなかしましほさんのレシピでクッキーを作りました。

食事療法中の私は、甘いもの厳禁なんですけど~たまにはね。自己責任で。

美味しく可愛くできました。粉がまとまりにくいので豆乳をちょっとだけ加えてみたらよくまとまり、

味にも食感にも問題なし。

簡単だし、家族も喜んで食べてたし、乳製品、砂糖不使用でできるのでまた作ってみよっと。

甘さはメイプルシロップで出します。

もうすぐバレンタインだから、お菓子作りしてると、「そういう気分」になれるね。

別に恋してないけど。残念!(><)
[PR]
by dog_god | 2012-02-09 10:59 | 料理

やっぱ手作り

e0113673_11552935.jpgマクロビオティック料理の本を見ながらお料理するのが最近の趣味。

病気の手当てのメニューに半身浴や手足の温浴もあるのだけど、

手当て中にも、お風呂に本を持ち込んでお料理本を眺めて、次につくるものをイメージしたりしています。

今朝は、コーンスープを作り、玄米パンと一緒に頂きました。

ダシは昆布とローリエ、乳製品不使用です。ちゃんとクルトンも作って浮かべました。

ん~自然な味。こうやって作ってみると、カンやファストフードのコーンスープって一体何を入れて

あの味を出しているんだろうって思いますね。


朝食後、手当てを始める前に、チャチャッと作ったのがこれ。

甘酒コチュジャンという調味料です。

最近はやりの発酵調味料の仲間だと思います。

玄米甘酒に、塩と韓国産トウガラシを入れて混ぜるだけ。

これがあると、辛味の効いたお料理がおいしくなるみたい。

韓国風の鍋とか、マクロビカレーとか。楽しみ♪

次は玄米甘酒も麹で自分で作ってみるからね。
[PR]
by dog_god | 2012-02-06 12:13 | 料理

外食と家寿司

今日は高校の同級生3人とランチ。

隣の市にある「KICHI TO NARU」という、野菜のおいしい居酒屋。

お昼のランチも大人気で、いつも混んでいます。

友達の一人が予約してくれていたので、ちゃんと座ることができました。

えびシンジョの包み揚げと20穀米と野菜スープのセット。おいしかった。

ランチ終了時間までしゃべって、帰宅。

皆さん主婦だったり、会社の昼休みだったりなので

それぞれの持ち場に戻っていきます。



私も仕事に戻ります。今はたまっているオーダーっ子制作。

今年後半は自分なりに新しい動きをしたくて、

そのことを手帳に書いて「実行!」と思ったとたんに

オーダーが続き、新しいことに移れない状況になっています。

でも、それは今、必要なこと、必要とされていることと思い、

嬉しく受け止め楽しく縫っていきます。

わたしはお任せさん。すべてお任せさん。

向こうからやってきたことを、「こんにちわ」と言って

自然に迎えて、次のことに向かう。

というか、たぶん次のことも「こんにちわ」ってやってくる。

そんなふうにやっていきたいなぁ。

自分から「実行!」って書いたことも、その時になれば

「こんにちわ」ってまるで他者の顔をして現れるんだ。そんなんがいい。



夕方になると、父が「寿司を握る!」と意欲満々。

最近なんかのテレビを見て、猛烈に寿司屋の気分らしいです。

シャリの準備を母がしている間に、私が魚屋に行き

中トロ、アジ、金目、赤貝、ホタテ、サーモンなどを寿司ダネ用に切ってもらって。

金目は寿司ダネに切った残りを明日の煮つけ用に。

家に帰ると、父はなぜかお風呂に入っているので、

結局母と私とで寿司を握るはめに。

父がお風呂から出てくると、お寿司は桶に握られてビールまでついて

「乾杯!」

父、「今日オレ誕生日だったな?」

お父さん、誕生日2月ですから。今日、寿司握るって言った人、あなたですから。

でも、今日は昼も夜も美味しくて、幸せでした!

東京の時は、ほとんど毎日自分のためにゴハン作って、

一人でゴハン食べるのが普通だったけど、今は、毎日誰かとゴハン食べてる。

会話とともに。
[PR]
by dog_god | 2010-09-08 01:31 | 料理

バジル大好き

e0113673_19565895.jpg畑でバジルがいっぱい育っています。

ちょっと虫食いがあるのは無農薬だから仕方ない。

枝をちょっと振るだけで、バジルの濃い香りが周囲に漂います。
e0113673_19571779.jpg可愛い白いお花が咲きます。

こっちは自宅の庭の鉢植え。

お料理にちょこっと添えるために作っています。

畑のは何のためかというと?

私の大好きなジェノベーゼのパスタのためにバジルペーストを作ります。


e0113673_19574658.jpg作り方は、、、えっと。

バジル(葉っぱのみ)
松の実
ニンニク

オリーブオイル

を、フードプロセッサーで、ガァーーーーってやる。(って適当すぎやしないか?)

たくさん作ってビンに保存しておき、夏の間じゅうジェノベーゼを何度もいただきます。

同じ畑でとれたじゃがいも、いんげんも一緒に茹でて。

麺は、「寄りあい処」のフェットチーネ(平打ち麺)が絶品。

これは、東京のレストランで食べるよりおいしいでっせ。ペーストを茹でたジャガイモにつけて食べたりしてもおいしいよん。
[PR]
by dog_god | 2010-07-23 20:44 | 料理

エビで鯛を釣るらしい。

e0113673_23195168.jpgふたたび食べ物ネタ。

私が自動車学校に行っているあいだに、

甥っ子とじぃじとばぁばで、

海の方へ遊びに行ったらしく、

釣り堀で鯛一匹、アジ3匹を釣ってきました。

釣り堀だもんね、釣れるよね。

さっそくじぃじが刺身にしてくれて、

甥っ子のパパとママも揃ったところで

ビールで乾杯!

みんなでお刺身いただきました~。

甥っ子の手前、「おいしいね!」と言っておきましたが、

ちょっと生臭い気がしたのは釣り堀だから?


e0113673_23203911.jpgよし!

車に乗れるようになったら、甥っ子と釣りに行こう。

えさのエビは目玉の黒い点がないと、魚は食いつかないんだそうだ。

甥っ子に教わりました。
[PR]
by dog_god | 2010-06-12 23:22 | 料理

スイカに塩

e0113673_2114210.jpg今年はじめてのスイカを頂きました~。

スイカ大好きです。メロンよりぜんぜん好き!

おいしさとなつかしさをほおばる感じ♪

「スイカに塩」は、いただけないっていう人が多いけれど

私は塩かけます。

スイカにはキパワーソルト

これです。
[PR]
by dog_god | 2010-06-11 21:14 | 料理

イチジク甘露煮ふたたび

以前、イチジクをくれたおじちゃんから電話があって、

もう今年はイチジクがおしまいだから、枝を剪定する。最後の青いイチジク取りにおいで。

というので、いただいてきました。

http://doggod.exblog.jp/11048668/

http://doggod.exblog.jp/11055692/

もぎたての青いイチジクは3kgほど。

さっそく洗って、ヘタをとって鍋へ。

もう一晩煮ているので、今日中には食べられるようになるでしょう。

だけど、今回のいちじくはもう時期の最後だということと、

昨日一日、ストーブの火力(弱い)で煮ていたことがちょっと不安。おいしくできるかな。。。

朝一番、鍋をのぞき、はちみつを加え、仕上げはガスで煮てます。

一回目に作ったのがなかなかおいしかったので、家族みんな鍋のことが気になって仕方ありません。

かわりばんこに覗いてみては、おいしくなれ~。とプレッシャーをかけてます。

炊き出しでトン汁を作るような大きな鍋。

e0113673_7571399.jpg
[PR]
by dog_god | 2009-11-20 07:57 | 料理

森ガール 森料理

e0113673_21473547.jpg今、「森ガール」が話題らしいですね。

蒼井 優ちゃんなんかが、イメージらしいです。


私も案外、「森ガール」なんす。

今日も、森で銀杏ひろい。

ココの森のぎんなんはちょっと小粒ちゃん。

殻を割って、薄皮むいて、、、食べるまでには手間がかかりますね。

最近、森ガールの私は、イチジクの甘露煮、栗の渋皮煮、と「森料理」に凝っています。

今日は、ぎんなんの炊き込みご飯、焼きぎんなん。

ホントの森ガールなら、森を食べなきゃね~。


明日は、わたし、寺ガール。

お寺でのライブに行きま~す。

お気に入りのalbeloちゃん。

彼女らこそ、「森ガール」と呼ぶにふさわしいと思う。

森の歌をやってるし!(CD おすすめ!)

森料理は食べてなさそうだけど。

albelo my space

albelo ウェブサイト
[PR]
by dog_god | 2009-10-10 21:50 | 料理

無花果甘露煮完成

e0113673_14152662.jpgイチジクその後。

とにかく時間をかけて煮る。焦がさないように。

一日中、イチジクの煮えるい~いにおいに包まれてました。


早く食べたい、と思いつつも、こっくりしたおいしい甘露煮になるまでは我慢、我慢。



e0113673_14144394.jpg記憶に残ってるmidoriさんのイチジクの色になるまで、夜も、朝も、時間をみつけては煮ます。

昨夜、少し白ワインを足してみたり。この写真の色のときにはお醤油を少し入れました。

で、数時間。。。。

e0113673_14221615.jpgもうほとんど汁は残っていません。

少しだけ残っている汁が、まさに甘露煮っぽくとろ~りつや~っと輝くころに火を止めました。

完成。

ちょっとお味見。

んまいっ!!

イチジクをくれたおじちゃんの分をビンに分けて、と。

それから、食べたがっていたおばちゃんの分も。

冷凍もできるそうなので、一粒ずつ大切に大切にいただきま~す。

近くにイチジクの木がある方は、ぜひお試しを。
[PR]
by dog_god | 2009-09-05 14:24 | 料理