カテゴリ:手作り( 39 )

めだま箱

e0113673_19473969.jpg先日、たくさんの目玉と小さなおウチの花立てが届きました。

いつも、ぬいぐるみの目玉を作って頂いている北原さんからです。注文していないのに、思いがけない贈り物。

私が作品展を控えていることを知って、作って送ってくださったのです。

こんな「励まし」、、、、なんて素敵な人なんだろう!

添えられたカードに、「頑張って」という言葉が無い分、余計に北原さんが私を思って作ってくださったことが伝わってきました。

目玉のひとつひとつを見ていると、北原さんの挑戦や実験や、

私や私の作るぬいぐるみを想って、カタチづくり、色をつけ、焼いてくださったのがよく伝わってきます。


私は、作り始めた頃は既製品のグラスアイを使っていました。

それにだんだん飽きてきて、ガラスの作家さんに目玉をお願いするようになりました。

既製品にはない美しい色と、透明感、溶けて流れるドラマチックな模様。

手作りのガラスの目玉は高価だったけど、とても魅力的な子たちができました。

その作家さんは、ご自身の作品に専念されるということで、

どうしようか。。。。私、どんな目をした子を作りたいんだろう。。。。と考えながら

ほかのガラス作家さんなどを探しながら、手持ちの目玉で作り続けていたのですが、

ふと、ガラスの透明感が必要なんだろうか?目玉は澄んでいて美しくなければいけないのか?という疑問がわいてきました。

私は、目玉と言うパーツに頼り過ぎていたように思います。

しばらく、わざと濁ったような目玉を使いました。べたっとしたマットなボタンにやすりをかけて傷をつけたり。

だんだんボディの方も、それに合うようにダメージ加工をするように。

目玉を濁らせる前から、そういうことはしていたのですが、目玉が綺麗に澄んでいる子でなくても、「ピュアだ。」って感じるようになって、

以前から好きだなぁ~って思っていた陶芸作家の北原さんに目玉をお願いしてみよう!って決めました。

北原さんはとってもカワイイおウチの作品が超人気の作家さん。

もちろんぬいぐるみの目玉など作ったことは無いと思いますが、おウチ以外の作品もたっくさんあって

その作品の多さと自由さから、目玉もきっと楽しんで作ってくださる、って思いました。


私は、細かく「こういうものを作ってください」と明確にイメージを伝えることはしないのです。

その方に楽しんで作って頂いたものを、私がワクワク受け取って、そのワクワクで

ぬいぐるみと目玉を出会わせて、新しいぬいぐるみを作りたい、って思っているんです。

そういう意味では、やっぱり目玉への依存はまだあるんです。(苦笑) 

北原さんなら、そんな私の依存を苦痛に思わず、きっと自由に楽しんで色々やってくださるだろうなぁ~って思ったのです。

思ったとおりでした。ガラスの目玉でなく、焼きものの目玉になったぬいぐるみたちも、皆さんに好かれるようになりました。

北原さんから目玉が届き、ペアで並べて見るのは、最高に楽しい♪

どんな子を作ったら、この目玉がイキイキ輝くのか考えるのって、ホントに楽しい♪

今回、送ってくださった目玉たち、私が楽しいと思うことを見通したような温かな輝きを放っています。

まだまだこんなにたくさんの目玉がある!

これまで集めたボタンやグラスアイを含めたら、あと100体は作れる!

私は、これやって生きてくよ。ありがとう、北原さん!!!
[PR]
by dog_god | 2012-05-16 20:43 | 手作り

たべること。つくること。

e0113673_11242116.jpgなんかパソコンの調子が良くない。

DOG★GODのHPがずっとそのままで、「震災迷子犬」へのリンクもできていないのは、

ホームページ制作ソフトの不具合が直せないままだから。

新しいぬいぐるみが誕生していないから、トップページの顔はチワワのうぶちゃんにしばらくお願いするのは

仕方ないとしても、震災迷子犬やnewsのとこ位はなんとかしないと。。。

でも、自分一人じゃできない。。。パソコンのこともう少しわかるようになりたい。。。いや、本当はパソコンが無い時代に戻りたい~。

ぐずぐずしているうちにホームページ制作ソフトだけじゃなくて、パソコン自体がダメになったらどうしよう。

「あかねさん、死んじゃったの?」って思われちゃうね。笑えな~い!


体調の方は少しずつ少しずつ好転してきています。

身体がしんどいと、いろんなことやる気が出なかったけど、最近はちょっと動くことから、(たとえば靴下を手洗いするとか。笑)

「やるか!」と思えます。

食事療法について、いろんな方の話を聞くうちに心が乱れて、もともと食いしん坊な私ですので、

お好み焼きを食べに行ったりしちゃったのですが、食べに出かけたことが刺激になって、

もっと気持ちのいい食生活をしたい!って気持ちになりました。欲求不満だったみたい。

ウォーキングついでに本屋さんに寄り道するのが癖になって、ハルッカ♪を本屋さんの外に繋いで待たせて気づけば毎日料理本を見ていました。

アマゾンで買うのを迷っていた本も、本屋さんに行くと、すぐに欲しい!って買ってしまい、

マクロビオティック系のデリやサンドイッチの本、野菜のおかずの本、お菓子づくりの本が揃ってしまいました。

で、本屋さんに行かない日は健康食品のお店に行って、粉や油や調味料などをコツコツコツコツ買い集めました。

そう、私のやる気は、食欲から出てきたのです。

毎食、本を見ながら、自分流にもアレンジしたりしながら楽しく作って食べてます!

そして、ぬいぐるみももうすぐ一体できます。この一体って、いつオーダー頂いたもの!?

記録をみると着手したのは昨年9月です。あああ。お客様をお待たせしてダメな私だと思うけど、

色々なことがあったさ。

医者の言葉に打ちのめされ、来月生きているのだろうか?くらいに過ごしてきたこの数カ月。

まずはこの一体を納得いくように仕上げてお客様にお届けしよう。

次にお待ち頂いているお客様、その次のお客様、もうお忘れかもしれないですけど、

今お待ち頂いている方とは、信頼関係で繋がっているって勝手に思っているので、

命ある限り作らせて頂きます。

次に届くのはあなたかもしれません。(アンビリバボー風)
[PR]
by dog_god | 2012-01-29 11:23 | 手作り

寄り道のKawaiiさん

e0113673_2241421.jpg買いものの帰りに、RYU GALLERYに寄って

「ハコリエ店のあれこれKawaiiうつわたち」という展示を見ました。

ぬいぐるみの目玉を作ってくださってる北原裕子さんの

やきものみたいなアルファベットタイルや、可愛いボタン。

そして、すごく気に入ったんだけど、糸巻きもあって、買っちゃった。

アルファベットタイルは、「ハルッカ」ね。

どこにはろうかな~
[PR]
by dog_god | 2011-05-25 22:44 | 手作り

テリア印

e0113673_2315934.jpgパン&ギター職人のSatoくんが使っている小麦粉。

「ハルッカ♪先生が印刷されてるよ」と画像を送ってくれました。


ほとんど毎日パンを焼くそうなので、大袋で小麦粉を買っているそうです。

なぜか、テリア印!

で、これを見せたエアデール飼いのネット友達が、この会社にお電話して、「なぜテリアか?」

と聞いてみたそうです。お答えは。。。創業当初、工場長さんがテリアを飼っていたらしい。

聞いてみた人曰く、「これは間違いなくエアデールだし、工場長さんエアデールにハマったんだろうね」って。

そういえば、パンってテリア色だよね。それくらいしか小麦粉にテリアっぽいとこ無いよね。
[PR]
by dog_god | 2011-05-10 23:03 | 手作り

針供養

e0113673_11192979.jpg毎年、そんなに気にしてはいないのだけど、

今年、トイレのカレンダーには「針供養」の日が印刷されており、

この日は仕事を休んで針供養しようと決めていました。

それが今日です。

正しい供養の仕方は忘れちゃったけど、たしか豆腐に針を刺すんだった

事は覚えていたので、冷蔵庫から豆腐を出して、小さく切って

針箱から出してきた数本の針を刺して、手を合わせてみました。

ぬいぐるみを作る人の針は、けっこう激しく曲がったり折れたりしています。

その曲がり具合が、ちょうど良かったり。

私は、最近ぬいぐるみの鼻をフェルトでチクチクやったりしますが、

このフェルト用の針はとにかくよく折れる!!

フェルト部分だけでなく、ぬいぐるみ本体のモヘアや木毛も

突くので、余計に折れやすいのかも。

針供養なんていう日、誰が作ったんだろ。

ほかにもいろんな道具に助けられて人の暮らしは成り立ってきたのに。

刃物供養とか、輪っぱ供養とか、筆供養とかそういうのは無いのかな?

でも、なんかわかるなぁ。

針には、なんだか念がこもっているような気がします。

「ひと針ひと針思いを込めて」ってよくある表現だけど、

針先には、確かにいろんな思いが集中します。

その私の思いやら、針のご苦労やら色々供養して。。。

やっぱり今日もぬいぐるみを作ろ。

チクチクじゃなくて、針がチャクチャクと進むかもね。
[PR]
by dog_god | 2011-02-08 11:17 | 手作り

遊びじゃないよ。勉強、勉強。

今日は忙しかった~

朝から東京丸の内へ。「世界創作人形展」を見に。
昨年も今年も、DOG★GODの個展にいらして下さったお人形作家の天田わこさんに教えていただき、
今年で二回目。
ぬいぐるみにはない繊細さと芸術性があって、昨年にも増して刺激を受けました。
わこさんのお人形も本当にリアルで、一瞬の表情をよくここまで表現できるなぁ。。。と
感心しきり。

そのあと、四谷に移動。
『ファビュラス!バーカードールズ』こちらも昨年に続き、見させていただきました。
「世界創作人形展」のお人形とは違う雰囲気だけど、こちらもまた別のエネルギーを
持った作家さんたちが大勢参加されていました。
マリオネットの人形劇をされているkinokosupaさん。
人形制作だけでなくて人形劇団もされていて、その劇も見させていただいたのですけど、
なんか感動しちゃった。大人気だったから良く見えなかったんだけど、
やってる雰囲気だけでも、こみあげてくるものがあり、すごい感動。
私は、何をやりたいんだろう?と自分に問いかけてみたり。

「世界創作人形展」のお人形はなかなか手が出せないお値段のものばかりだけど、
こちらは可愛いお値段のものもいっぱいあって、思わず手が出そうになるけど、
母の日のプレゼントを買わねばならぬ。とぐっと我慢をし、
新宿へ急ぐことに。

オゾンで開催されているクラフトマーケット
いくつかのブースがフロアごとに展示されていて、スタンプラリー式で全部を見て回れるように
工夫してあるけれど、なんとなくブースの分散が、エネルギーの分散にもなっている感じがしたなぁ。。。
私の疲れが出始めたからか?
欲しいものとも出会えず。次へ。

ここまでで、なんとなく気付いたのです。
関係ないけど、「東京にはアトピーの人が多いな」って。
田舎に居るのと、東京とでは、人を見る数が圧倒的に東京のほうが多いからだと
思うけれど、自分が身体のことを気にしていると、やっぱり他人の健康も気になっちゃうみたいです。
田舎に住めば、もしかしたら皮膚が治るんじゃないかなぁ。。。なんて、頭の中で「大きなお世話」です。


はい。次へ。
吉祥寺へ移動。ぬいぐるみのタグに使うリボンを調達。
これで、三年分くらいは大丈夫だろう。
横町ギャラリーにもチョイと寄って北原さんのボタンをまた買う。

はい、その次。
おぎくぼ~、おぎくぼ~。
目指すはROKUJIGEN
ただいま、帽子職人さんの粋な帽子展開催中!
DOG★GODの個展で歌って灯してくれたカナブンちゃんと会う約束です。
カナブンちゃんは今月22日に谷中でライブをやります。
今回は、手作り好きさんにも楽しめるカナブンちゃんのボタンコレクション同時開催の
ライブなのですよ。また後日お知らせさせていただきますが、
わたくしどもの個展でカナブンちゃんと出会って「また聞きたい!」と思った方~、
22日の予定あけといてくださいませ!

カナブンちゃんの友達のギター職人のSさんも一緒に来てました。
Sさんは、ギター職人でありながら、パンを焼くことにもこだわりがあって、
今日はなんと私にパンを焼いてきてくれたんです。Sさんは男性。
リュックから、おもむろに段ボール箱を取り出して、大切そうに柔らかなパンを出す、、、
ああ。なんて可愛いシーンなんだ。感激。
日帰りのおのぼりさん、忙しい一日で疲れたけど、明日の朝は、おいしいパン。パン、パーン♪

寺門さんのミュージャムにも行きたかったけど、今回は断念(泣)
カナブンちゃんのライブの時に行くことにしよう。
ああ、楽しい一日でした。おしまい。
e0113673_1245221.jpg
[PR]
by dog_god | 2010-05-03 01:06 | 手作り

息をすること。

e0113673_17161880.jpg待ちに待った口琴が届きました。
障害のため、楽器コンプレックスがある私ですが、
口琴は、とあるライブで初めて聞いたのをきっかけにみょ~にひかれて、
ネットで色々検索したりして、一か月ほど前に注文したのでした。
生意気にも注文制作。していただいたんです。
お店で売っているのを見たことはあったのですが、触ってはいないので
届くまで、どうやって音を出すのかも、私に演奏ができるのかもわかりませんでした。
桐箱に入って届いた「ヤツ」。
躊躇なく口元に運び、はがねの部分をはじいてみました。
わくわくしたわりに、すかした音が。。。空振り~
5分くらい練習していると、びよよ~~~んという口琴らしい音が出せるようになりました。

それから、仕事に疲れると、びよよ~ん。
考え事してはびよよ~ん。
気が向けばびよよ~んです。


息を、吸ったり、吐いたり、口の中で揺らしたりすることで様々な音が出ます。
口琴演奏にはリラクゼーション効果もあるそうです。
どおりでリラックスしたいときに手が行きます。

そういえば、昨日の日記に書いた映画の「空気人形」も息がひとつのテーマのようです。
最近、「息」です。
息を気にし出したのは病気になってから。

病気の治癒に向けたメニューの中に呼吸法があります。
ある本の中に書かれていたことで、とても気に入ってイメージしていることがあります。


宇宙と一体になった気持ちで呼吸をしていく、、、その際、受身であること。
自分が呼吸をしているのではなく、
吐く息は、宇宙が自分から息を吸い込んでいる
吸う息は宇宙が自分に息を吹き込んでいるというふうに。

しばらくやっていると、自分が呼吸していることがすごく神秘的なことと
思うようになりました。

そして、
私の吐く息は、宇宙に必要とされている、
私の吐く息が必要だから、宇宙は私に息を吹き込む。
なんて感じるようになったんです。
宇宙というと壮大すぎるけど、
すぐそこにある小さな草が私の息を欲しがっていると思えば。
みんなつながってる。
そうすると、やっぱり昨日の「生命は」という詩みたいに、
私もあるとき誰かのための虻なんだね~って感じる。

口琴は呼吸でびよよ~~んって空気を震わせる不思議な楽器。
呼吸法のごほうびに届いた、ステキなおもちゃ♪
[PR]
by dog_god | 2010-04-29 17:20 | 手作り

桃太郎にはきびだんごを。

今日は子守り。
甥っ子が来て一緒に遊びました。

こちらでは、女の子のお雛祭りは4月3日に行われる風習です。
で、お雛様を片づけると、入れ替わりという感じで
男の子のお人形が出てきて、こいのぼりとともに5月5日まで飾ります。

我が家でも、この間までお雛様(わたしの!)が出ていましたが、今は甥っ子のお人形が飾ってあります。
甥っ子は別のところに住んでいますが、マンション暮らしのため
すべてを自宅に飾ることが出来ず、我が家に甥っ子の「桃太郎人形」が飾られています。

ガラスケースを見つめ、ほかの大人が居ないことをいいことに、わたしに
「あの剣を抜いてみたい」と言います。
桃太郎人形の腰にさしてある長い刀を見ながら。

わたしも、すっかり「りかさん」(梨木果歩の人形のお話)に感化されているので、
この桃太郎人形を飾るだけじゃなくて、ちょっといろいろ感じてみたい。と思ってしまいまして。

甥っ子とふたり。
ガラスケースをはずしてみようということになりました。

そおっとはずしてみて、まずは甥っ子の希望、剣を抜いてみました。
すると甥っ子は、さっそく空を切ってご満悦。

わたしはシゴト柄?お顔の作りとか細かいところをちょっと
チェックして、もう少し可愛く見える髪型にできないか?とか。

甥っ子が剣をもどしながら、ほかの持ち物を調べると、
「あれ~、きびだんごが無い!」と言います。
で、すぐそばの本棚にあった桃太郎の本を持ってきて、「ほら~」と。
きびだんごが無いから、この桃太郎にはお供の、犬もキジも猿もついて来ないんだって言います。

しばらく、ガラスケースを開けたままで、この桃太郎人形に
桃太郎のお話の読み聞かせをしています。絵を見せながら。
きびだんごの出番のところで、
「ね~。ももたろさん聞いてる?きびだんごどうして持っていないの~?」って言ってます。

わたしは可愛くなってしまって、「りかさん」のお話も十分思いだしながら、
「じゃあ作ってあげよう!きびだんごときびだんごを入れる袋。」
というと甥っ子、もちろんノッてきました。

甥っ子はわたしがぬいぐるみを作るのを良く見ていて、自分もチワワを縫ったりしています。
(半年以上かかってまだ出来てないけどネ。)
甥っ子が縫い物をして遊んでくれると、私もわずかながらシゴトが進むので好都合♪

わたしが小さな巾着袋になるようにあり合わせの生地を裁断、甥っ子になみ縫いを指示。
ぬいぐるみを縫うために本返し縫いや半返し縫いが出来ていたので、
(もちろん下手。七歳の男児だもの)なみ縫いは割にラクみたい。
わたしは隣で自分のシゴトを進めながら、
ポイントの部分はやってあげて、可愛い巾着ができました。


で、きびだんごは粘土で。わたしのぬいぐるみに使う粘土をちょっと
わけてあげて、まぁるくこねて、今乾燥中です。

今日は、ここまでやって帰っていきました。
明日また続きをやるそうです。きびだんごを塗るとか。


大きくなって、甥っ子がパパになったときに、子供に、
「パパが小さいときに、桃太郎さんにきびだんごを作ってあげたんだ。」
と話すんだよ~と言って聞かせました。

この桃太郎人形が、わたしと甥っ子が作った「きびだんごときびだんご袋」とともに
いつまでも大事にされて行くと嬉しいんだけどな。


しかし、甥っ子は、ちょっとおバカさんで、「縫う」と「塗る」の区別があいまい。
生地と針を持って「ココをぬるの?」と聞いてきます。
「縫うんです!」
[PR]
by dog_god | 2010-04-24 23:44 | 手作り

話し相手

今、梨木果歩「りかさん」という本を読んでいます。
りかさんというお人形は、ほかのお人形や持ち主の女の子と、あたりまえにお話しします。
言葉を交わすというより、テレパシーみたいなもので、伝えあう術をもっています。

数日間この本の世界に居るからか、生き物のカタチをしたものがみんな何かを話しかけてくるような
気がしちゃって。
たぶん、森の中で木とおしゃべりするわたしを知っているマニアの皆さんは、
「いよいよあぶなくなってきたぞ」とお思いかもしれませんが、
わたしのワンコをお求めくださるお客様は、聞けば当たり前にわたしの作品とお話してるではないですかぁ。
そういうワールドへ遅ればせながらわたしもデビューしたいと思って。
というか、デビューしちゃった。


e0113673_025716.jpgきのう、西荻で出会ったコイツ。

柴犬って書いてありました。一瞬ネコ?って思ったのですが、

ネコでもクマでも柴犬でも良かったんです。

だって、おしゃべり好きそうだったから。

ウチで待っているハルッカのぬいぐるみの話し相手にもいいと思ったし、

もちろん、人目を避けてわたしも。。。

西荻ギャルリーノンで今月22日まで展示されているーにとくらふつ うっどわーく展ー

の中から連れて帰ってきました。

船越桂の木のおもちゃを思わせるような雰囲気のある愛らしいのがいっぱいありました。

黄色い車に22のゼッケンが付いているのも欲しかった~

なぜなら、22日生まれの黄色好きだから。


e0113673_0254143.jpgこっちは、無口そうでいいな。と思ってちょっと前に連れてきた、おそらく鉄の犬なんだけど、

木の犬と並べたら、なんだかしゃべり始めたみたい。

木の犬が来たら、ハルッカも身を乗り出して興味しんしんのようだし、

鉄の犬も、やわらかくなってきたようだし、

わたし、ゆうべ木の犬を枕元に置いて寝たら、すごい夢見ちゃいました。

縁起よさそうな夢。

あ。ひいてますか?ではこのへんで失礼します。
[PR]
by dog_god | 2010-04-18 00:34 | 手作り

個展に向けて雑貨も作っていきます。

e0113673_20252874.jpgこの間、お顔だけで登場した「孤高の狼犬」がなかなか仕上がらない。

縫い方に時間がかかるというのも理由だけど、次回の個展のため雑貨の制作にも参加しているため。

今年に入ってもう2回打ち合わせしています。

というのも、雑貨部門の二人が、富士宮に帰省しているうちに少しでも進めておかなければ。と。

今月末からは私が上京して、デザインを詰めていくことになります。

前回の個展で皆さんに可愛がっていただいた、ポッチーちゃんのチャーム。

おひとりで3つもお買い上げくださった方もいらっしゃいました。

次回の個展では、新たな仲間が加わる予定です。

可愛いのができるといいなぁ。


んで、本業のぬいぐるみ「孤高の狼犬」は今週中には完成させ、ココに写真を載せるつもりです。
[PR]
by dog_god | 2010-01-08 20:26 | 手作り