カテゴリ:こころ( 151 )

きのうの催し

e0113673_2213690.jpg

ハープ奏者で、シンガーソングライターのgatta neraちゃんが、癒しのハープを抱いてお見舞いに来てくれました!

一人でネラちゃんのハープを聞くのなんて贅沢過ぎる~と思っていたら、やっぱり音楽を愛する人のチカラはすごい。人を引き寄せるんだね。
いつのまにやら、私のいとこたちや、その子供たちがあつまっていました。
そして、入れ替わりで看護師さんたちも、あつまってネラちゃんの声とハープに癒されてしまいました。

気がつくと4時間ぐらい演ってくれてました。
サイン貰っている人まで!
来月も富士宮に来てくれるそうです。

私のぬいぐるみとコラボしようと作ってくれた曲があり、そのうつくしさに涙が出る。

私は 、なんて幸せなガン患者なんだ。なぜなんだ!?
必ず治るぞ!私を愛してくれる人に私も何かするんだ!!そして、私は人を愛するように自分をもっと愛する。
[PR]
by dog_god | 2012-08-27 22:13 | こころ

笑顔のチカラ!

東京から、ゴリとミサコが来てくれた。
ミサコ、朝摘みベリーの手作りマフィン、とっても美味しかったよ。

何より嬉しかったのは、2人の笑顔!(^^)v(^o^)v

病んでいるのは、私だけじゃない。人は色々な理由で悩んだり病んだり泣いたりしていて、ココロの奥深くのことまでは、自分以外わからない。

ゴリとミサコと私も、何年も話をしてきた。夫婦二人では、どれくらいの時間、量、重さだったんだろう。
私が命に関わる病を得て、生きてることの喜びや苦しみについても話すようになったけど、なかなか笑顔は見られなかった。

だけど、2人がお見舞いに来てくれて、私は、本当に嬉しくて、涙も笑顔も出たよ。

生きていて3人で会えることが、それだけで、そのまんま嬉しかった!!

そして、ゴリ、ミサコ、アカネ、ただただ生きようね!って思ったんだ。

そして、2人の笑顔をみて、こうやって笑えたら3人ともそれが出来るんだねって思ったんだ。

一緒に年をとって行こう。
[PR]
by dog_god | 2012-08-20 09:26 | こころ

やさしさ

この入院、毎日本当に優しい人と美味しいものが( ̄ー ̄)病室に集まり、懐かしい面々や、はじめましてどうしが夕方あたりからいつの間にか集まっては、パーティーを開催中。
私は、最初のうちは気も使っていたけど、誰かしらが足や腰を揉んでくれてるうちに、眠ってしまったり、勤務外に看護師さんが寄ってくれるので、他の友達が彼女に習い、体位が辛くなれば、友達たちが体位を変えてくれたりもする。
寝たければ寝てしまうと、「あかね、バイバイ」っていつの間にか美味しいものをお腹にしまって帰って行き、また翌日には、誰かが背中や腰を揉んでくれてる。昨日は東京からも、ご近所だった陶芸の先生でお友達のダザイさんが来てくれて、ずっと手を握ってくれてた。ダザイさんと初めて出会った時も、こうやって慈しむように手を撫でてくれたっけ。

よくも、こう毎日、私のような者のところに人が来てくれるものだと思う。

感謝のあまり、素直に口に出して「ありがたい」と言ってみると、私自身が人にそうしてきたからだと皆が言う。
ううん。私は、いつも優しく出来てなかった。
優しくしたいという気持ちはあっても、いつも自分のことでいっぱいいっぱい。それなのに、私の周りにはこんなに優しさが持ち寄られる。
世の中には、どれだけココロ優しく美しい人が居るんだろう。
私が、まだもう少し長生きできるのなら、私が今毎日感じているこのやさしさを、しっかりと還したいな。うん、なんとかそうしていこう。
[PR]
by dog_god | 2012-08-16 11:42 | こころ

涼やかな蚊帳の中に居るみたい。

生きてます!
昨日は仙台から、今日と一昨日は東京から、お友達が来てくれたよ。

佐藤くんが心を込めて焼いてきてくれたパン、毎食ちょっとずつ…ああ!トースト病室で出来たならもっと美味しいのに~。
でも、叶った願いもあるの。病室で小さく小さくCD聞ける。粋な看護師さんの計らいでこっそりネ。
だって、歌唄いのカナブンちゃんが、私の子守唄を録音してきてくれたっていうのに、聞かないで「眠れない眠れない」って悶えてるんじゃねー。
昨夜は、カナブンちゃんに抱かれて眠ったよ。

これから色々な人が持ってきてくれたCDが聞ける(^.^)

懐かしい友達にも、遠くてなかなか会えなかった友達にも会えて。痩せこけちゃったから驚かれちゃうけど、温かな時間。愛してきた人生。
一番心配だった、排便、排尿が毎日上手くいくようになってきて、ご飯も口から好きなものを食べられる分だけ食べてるよ!
今夜は、バジルソースパスタが届く予定~♪

今、私、すきな人に囲まれて、好きな時間に音楽聞いて、好きなものだけ食べて…死と隣り合わせでも、かなり幸せなんじゃないかとおもう。
[PR]
by dog_god | 2012-08-11 15:41 | こころ

優しい朝

e0113673_8471947.jpg

同級生の看護師さん、そして、その実のお姉様の主任看護師にも、私はお世話になっています。
同級生の彼女は、小児科なので、直接看護を受けることはあまり無くても、毎日部屋に顔を出してくれるの。

深夜にも働く看護師さん。
彼女も、わたしと同じで結婚しわすれちゃった方の部類で、犬やネコに癒されてお仕事頑張っているみたいです。

眠れたり、眠れなかったり、苦しんだり色々な朝を病院で迎えたけど、今朝は、スッキリと目が覚めました。
すると、テーブルに、可愛いメッセージが。

同級生の彼女が、夜勤中に私のところに寄ってくれたみたいです。

この間は、グレープフルーツのまぁるいお顔が、私に向かって笑いかけて「眠れた?」って。

思いがけない入院。
思いがけない展開。
思いがけない再会。
思いがけない優しさ。

思いがけないだらけ。
私の計画どおりのものが一つずつ減って行ったけど、私は、その分優しさに包まれていく。
安心していていいんだね。
みんなの中で、笑って自然にお任せしていよう。
[PR]
by dog_god | 2012-08-03 08:47 | こころ

サプライズ!

昨日は、高2のときのクラスメイトが、なんと当時の制服を着て病室に現れた!!
入院中の病院にお勤めの看護師さんが高2のクラスメイト!
毎日病室に顔を出してくれていたんだけど、彼女の粋な計らいで、
高2の時、後ろと前の席で仲が良かった4人が何十年ぶりで、病室に集まったの。
私は、当時、髪を伸ばそうとしていたんだけど、自分で結うことが出来なくて、教室で3人がかりで結って貰ったり、リボンを付けて貰ったりしていた。

懐かしくて懐かしくて、病室に入ってくるなり、涙が出た。

しかし、よく制服を持ってたし、着れたよなぁ…


昨夜は、呼吸が苦しくなり、酸素吸入器を付けたけど眠れなかった。

眠ろうとせずに、クラスメイトが持ってきてくれた「今日の猫村さん」というナンセンスな漫画に読みふけった。

そのうちに朝が来て、
朝のチカラが私にも届けられる。

私は、私の人生を愛している。私を可愛がってくれたみんなのことを愛している。
今日も生きているだけで嬉しくて泣けた。
なんて幸せなんだろう。
[PR]
by dog_god | 2012-07-24 07:42 | こころ

生きてることを感じること

今日も贈り物が。

神戸のホスピスでお仕事しているミナミちゃん。

ガンで亡くなったアーティストのオハルちゃんがご縁を結んでくれた大切な友達。

「ハルッカ♪と、この季節を満喫してね」

って、手作りのお散歩バッグをオーダーして贈ってくださいました。

作ってくださった方に、ミナミちゃんから思いのこもったメッセージを受け取ったことを教えて頂きました。

ありがとう。

わたしって、ホントにシアワセもんだね。

なんだかおこられちゃいそうなんだけど、つい「ガンになったら良いことばっかり!」

なんて言っちゃうんだよ。

それなりに死にそうに苦しんだりもしているんだけど。

でも、すっごく生きてる!って感じ。

治療のためにいろんな人に出会って、ある人からは

「自分なりの死生観を持つのが大事。」だなんて言われたことがあった。

その時、「死生観なんて死ぬまでのいろんな段階のうちに変化していくはずだから、今は考えません」

って私、言ったんだよな~。

その方は、いつも私を導こうとして、間違いを指摘してくれたり、安心させてくれようとしたりしたんだけど。

やっぱり今思うのは、死と向かい合ったことの無い人は、死を誰にも教えられないんじゃないかな。

私も、死にそうだって思ったことあるけど、まだご臨終になったことはなくて、

それで、大事なのは死生観を持つってことではないな、ってことはわかった。私にとってはね。

ま、死ぬ間際まで色々学ぶことはありそうです。
[PR]
by dog_god | 2012-04-04 17:25 | こころ

震災から1年

e0113673_1592374.jpg

神様、私は今年のサクラを見ました。

黙祷をささげるその時間に、このサクラを見上げていました。

私はサクラまで生きていた。

生きていこう。
そして祈っていこう。
[PR]
by dog_god | 2012-03-11 15:09 | こころ

生かされている

最近は暗いうちに起きだしてハルッカ♪と歩いています。

月がまだ西の空に浮かんでいるような時間です。

それでも、すでに新聞受けには朝刊が差さっています。

ハルッカ♪が排便を済ませて家に帰ってくる頃、それでも朝日はまだ登っていません。

昨日、朝日を待ちながら歩いているとき。。。

「生かされている」という言葉が浮かびました。

この「生かされている」という実感は私の憧れ、待望していたことです。


死を意識するようになって、これまで絵本にしか夢中になれなかった私が、

病気を治したい一心でたくさんの本を読むようになりました。

その中には、余命わずかと自覚した方の生還の記録があります。

そういうリアルな記録は、私の心を強くしてくれました。

それから、死んでいておかしくないという事故から奇跡的に助かった知人の話。

奇跡の生還を経験した人達が共通して「自分は、生かされていると感じた」と言っています。

私も奇跡の生還を熱望しています。


熱望のあまり、生還した方々の真似をして

憧れの「生かされている」を私も実感したことにしようとしているのか。。。


私が感じた「生かされている」は、これまで聞いてきた憧れの「生かされている」と

ちょっとニュアンスが違いました。

憧れの「生かされている」は、特別な人が特別な能力をこの世に必要とされているので、

あるいは、その存在がこの世がうまく動くために必要なため。。。、

まぁ、とにかく神様のどこまでも正しいジャッジで

この世に必要だから「生かしましょう」と、その人を選び、生かす。

それを感じた人が「自分は生かされている」と言う。選ばれない人は「生かされない」。

私も選ばれて生かされたいから、憧れになりました。


ところが私が昨日感じた「生かされている」は、待望していた憧れのそれではありませんでした。

完璧に防寒して一生懸命歩いてきても、寒さは厳しく、手も顔も冷えきっていて、

待ち遠しい朝日はまだ来ない。

そんなときに「生かされている」という気持ちになったのです。

「生きる」ことを「させられている」という感覚です。

死なせてはもらえない。生まれてきたからには、生きる以外のことはさせません。と神様に決められたような。

強制というか、使命というか。自分の死は、私の思うようにはできないのだと。


ちょっと私は自分の潜在意識に近づいたような気がしました。

憧れの「生かされている」ではなかったけれど、

私の中に湧いてきた「生かされている」という感覚は、信頼できる。

いつか、「もう生かされない」と感じる日が来るだろう。それは誰にでも来る。

私は、いま生きることをさせられている。

その苦行の中で、自分が自由に選んで色々やっている。


昨日は、ルカの命日だった。

ハルッカ♪との散歩はルカ達のお墓がある場所。

お墓参りをした後に、こんな感覚がやってきたのだった。
[PR]
by dog_god | 2012-02-11 11:27 | こころ

冬を越える

e0113673_10461984.jpg月曜日の座禅会は、今も続けて参加しています。

もうすぐ2年。でも、一緒に座っているおじさん方は16年とか、40年とか、現在の和尚さんも30数年とか

続けているとおっしゃっているので、私はひよこちゃんです。

根性で続けよう!と思っているわけではないのですが、座っていると落ち着いて自分の現在が観られるような

気がして、心のざわつきが収まるので、座りに行きます。

冬の本堂は冷え冷えとしていて、乾燥のせいか、ときどき柱の木がピシッピシーッと音を立てます。

0℃にならなければ暖房は使わないとのことですが、防寒は許されているので身体に障らないように

温かくして座っています。冬は、やっぱり厳しいなと思います。

昨日は急に温かくなりましたが、和尚さんはこういう急な変化の時に亡くなる方が続くので

あまり嬉しくないそうです。生き物というのは、限られた狭い条件の中に生息していて、

ギリギリのところで生きているものにとっては、その条件を少しでも越えるということがとても厳しい、と。

それでも、もう桜の木の枝がなんとな~くピンク色になっているのだそうです。

私はまだゆっくり桜の木を見ていませんが、嬉しい気配です。

あの3.11からもうすぐ1年。確か生ぬるい陽気だった気がする。。。

そして、私には病気が再発して。また桜に会えるのかぁ。座禅もよく続けてきたな。

最初は一人で座りに行っていたけど、友達が参加して、いつも隣に座っていて、それも、私の励みになってる。

和尚さん、座れる場を用意してくださってありがとうございます。

来ても休んでも、続けても辞めてもいいという自由をありがとうございます。

静かに聞こえてくる隣に座る友達の呼吸、ありがとうございます。

私の呼吸、ありがとうございます。


☆昨日の夕方、「葛粉が無い!」とスーパーに歩いて行ったときに、怪しい空と不思議な木に見とれて撮った写真。桜ではありません。
私にとって、足りないものをスーパーにひょいっと買いに行けるということですら、嬉しいことです。
[PR]
by dog_god | 2012-02-08 11:31 | こころ