<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

老いの階段

暑さのせいか、年のせいか、う〜んたぶんその両方だと思うけど、
ハルもルカも、玄関の一段の昇り降りが大変そうに見える時があって、
それを父に言うと、「まかしとけ!」とばかりに早速、ステップを作って送ってくれました。
私はステップでなしにスロープをお願いしたかったのですが、
父も私に似て(?)自分の中にイメージが浮かぶと人の意見はいっさい聞こえなくなって我が道まっしぐらです。
e0113673_23261798.jpgハルッカ目線だと、階段はこんな感じ。魔よけにちっこいシーサー置いてみました。
すぐにとりましたけど。んんん、やっぱり、横巾がひろ〜い緩やかなスロープがいいな〜。ホームセンターで探せば良かったな。だって、ハルッカ、この階段を避けて通るんだもの。もうちょっと何気ないやつがいいんだよぉ〜


e0113673_23264666.jpgしかし父も老いて、ハルの若い頃を思い出しては自分と比べているので、ありったけの優しさでこの階段を作ってくれたに違いありません。
だから、ハルにもルカにもリードをつけて、階段をよけて通らないように階段以外、玄関に靴を敷き詰めて、トレーニングです。

アジリティーをしていた頃は、ハルッカともに、ドッグウォークやAフレームといった登り障害は得意だったのに、だんだん年をとると、新しいことを覚えるのに時間がかかるようです。これは、私たちも同じですけど。

じぃじがハルッカのために作ってくれたんだから、大事に一生使おうね。

オヤツをちらつかせてトレーニングして、少しずつ馴染んで、階段を使うようになってきました。
[PR]
by dog_god | 2008-07-31 23:43 | 犬との暮らし

おでん効果

ポメパピは完成!
次は、フレンチブルドッグとブリュッセルグリフォンのオーダーぐるみに取りかかりまする。お待たせして申し訳ございませんでした。
グリフォン、グリフォン♪受け口ブーム到来の予感が、、、ちょっとあたった?
(^^)いやいや、生きてる犬に流行はあってはいけません。
ぬいぐるみにブームあってもいいけど。
とくに、私のトコには、来てる、来てる〜っていう天のささやきはありがたいです。

今夜はちょっと涼しいですね。
ハルッカと夜さんぽに出かけてしまいました。
ちょっとコンビニに寄ったら、おでんの汁を飲みたくなったので、
タマゴとつくねを購入。
一気に冬の気分に。
この涼しさ。秋の虫でも鳴きそうな。。。
明日、目が覚めたら、秋でありますように。

いかん、いかん。夏休み取ってなかった!
[PR]
by dog_god | 2008-07-30 23:22 | お散歩

関西にお住いの犬好きさんへ

そうそう!
納品した事だけ書いて、お知らせ忘れてたっ。

DOG★GODのぬいぐるみを関西の方にも見て、触っていただけます。
大阪のリッティベアさんに、DOG★GODのホームページで紹介している子も含めて4体お邪魔しています。

是非、だっこして抱き心地を確かめて頂きたい子を納めていますので、
お店におでかけくださいね。

RittiBear リッティ ベア
〒530-0021大阪市北区浮田1丁目5番31号
tel/fax:06-6375-2246

ついにクマさん達と並ぶことになった我がワンコたち。
ちゃんと存在感出せるかなぁ。。。ちょっと心配。

心配だから涼しくなったら大阪出張した〜いっ。
全然、旅行してないんだもん。(遊びかよ!)
京都とか神戸とかにも委託したいなぁ〜。(旅行したいところを言ってるだけじゃん!)
[PR]
by dog_god | 2008-07-30 00:47 | お知らせ

死んだ犬に命!

『乞食あるいは死んだ犬』の初日。みどりさんと一緒に観に行って来ました。

いやぁ〜〜〜興奮☆
私の作った死んだ犬。私のイメージでは、役者さんの傍らで横たわっているのが
「死んだ犬」。
しかし!彼は乞食役のオリビエ・コントさんに命を吹き込まれていました。
生きてました。すごいっ。
あまり話すとこれから観て頂く方がいらっしゃるので、しーーーっなのですが、
期待して頂いていいと思います。

上演後、パーティーがあり、スタッフの方がオリビエ・コントさんに紹介して下さいました。通訳の方がおっしゃるには、「素敵な友達を作ってくれてありがとう!」とハグを。
私はすっかりオリビエファンになってしまったので、ハグされてウキッ。
その後、何か説明しようとしたと思ったら、「来てくれ」と楽屋に呼ばれました。
楽屋には。。。
e0113673_22285891.jpg死んだ犬は、道具の部屋でなく、オリビエさんのお部屋のソファーに居て
いつも一緒に過ごして下さっているそう!くつろぐ為のソファーは犬が使わせてもらっていました。そして、オリビエが彼に接すると、本当に死んだ犬が生きてくるのです!
これには、私は驚きました。プロってすごい!!
「フランスに帰るときに、こいつを置いていくのがつらいよ」とまで言ってくださり、
本当に感激。
自分の作品がお役目を果たし、可愛がって頂けて嬉しいのと、仕事への情熱に触れられた事の嬉しさ。やってみなければわからない、冒険だったこの仕事。きっと、私は少し冒険を恐れなくなったはず。


e0113673_22373314.jpg
『乞食あるいは死んだ犬』は8/3まで。
お時間のある方は是非是非ごらんくださいませ!
あかねまでメール下さると、ちょっとお得かもよ。

←びだんし〜☆オリビエ・コント氏
そして、2週間の稽古と初舞台を終え、疲れた表情の「死んだ犬」のタロウ。
(オリビエさん命名。)
ア〜ンド、たくましい私の手!
[PR]
by dog_god | 2008-07-28 22:56 | いぬぐるみ

ポメパピ

男性のお客様からのオーダーが続いてる。
ちょっと嬉しいこと。
友達の子供の話を聞いてても、お人形を可愛がる男の子って居るから、
ぬいぐるみが男性に可愛がられるってことは、あってイイと思うし、
可愛い癒しを求める感性豊かな男性に気にとめていただけるのは励みもになる。

今、作っているのは、犬を飼っていない方からのオーダー。
昔すれ違っただけのわんちゃんが記憶に残っていて、そのわんちゃんに似た写真を
見つけ、送って下さったんだけど、おそらくポメラニアンの赤ちゃん。

e0113673_2247387.jpgまだいたずらもしないようなピュア〜な感じの子にお見受けしたので、
おとぼけなしで、かあいぃく作っていこうと思ってるとこです。

オーダーぐるみは、模様が入ったり、染めが必要だったりするとお値段も変わってきますが、基本的に20センチ2万円〜でお受けしています。
でも、この子はお客様のご希望で15センチくらい。
あまりミニチュアサイズは道具も違ってくるので作れませんが、20センチ以下のものは作れないというわけではないので、ご相談くださいね。


明日からいよいよ『乞食あるいは死んだ犬』が上演されます。
ワクワク、どきどき。
自分が舞台に立つなんて考えられないし、すっごいストレスになりそうだけど、
作品が舞台にあがるドキドキは、なんかいいな〜。

街のいたるところに告知のポスターが貼られています。
e0113673_231368.jpg
[PR]
by dog_god | 2008-07-27 23:07 | いぬぐるみ

Together In Life

シーズ−ずを納品。
そこには悲しい現実があった。

私は、犬たちの命を感じながら作っていかなくちゃいけない。
ただ可愛いカタチを作っていては。。。

ルカの事で心配事がある。
いつだって、犬を飼うというこの幸せは、死別と背中合わせにある気がする。
死を忌み嫌うもの。。。だと思わない。
死があるからこそ、輝く事の多さ。その輝き。
愛犬が心配になるほど、私は意識して笑顔を見せる。
「見せる」というのは演じている部分もあるけど、そればかりじゃない。
死を意識して、今、生が輝いているのを確かに感じる事ができたとき、
笑顔をあげたくなるんだ。
一緒に笑おうね。と言いたくなるんだ。

いつかお別れするとき、、、泣くに決まってる。
でも、きっと、私は、死んだ時にも、一緒に笑おうね。と笑いかけもするだろう。
一緒に生きたことを本気で喜ぶに違いない。

そうそう、私が先に死ぬかもしれない。
この瞬間生きてるけど、次の瞬間はどうなるか。誰だって、わからない。
[PR]
by dog_god | 2008-07-25 22:09 | こころ

オーダーぐるみ/シーズ−ず

ついに完成!シーズーず。e0113673_17211238.jpg予定よりだいぶ時間がかかってしまいました。
お待たせしてごめんなさい。
でも、なかなかブスかわいく(ごめん!!)できました。
この2匹は箱入りのおぼっちゃま。
とっても素直で、疑いを知らない赤ちゃんのような視点で世の中を見ていそうな子たちです。争いも、不安もなく、愛情だけた〜っぷり貰ってちょっと太りすぎちゃいました☆

e0113673_17314813.jpg
そんなのほほ〜んとした個性を表現したくて、今回は「半目」で作りました。2匹の微妙な個性が出てるといいんですけど。


e0113673_17353374.jpg
尻尾の毛ぶきもとっても立派で、お写真では、なんか素敵な編み込みっぽくなっていたんだけど、ぬいぐるみでは無理っぽいので、ちょっと先っちょをリボンでまとめてみましたよん。(て、あんまり写ってないね。)
模様が難しかった〜。×2(^^;)
ご本犬ともどもいつまでも可愛がっていただけますように。
それから、病気にならないようにダイエット頑張ってね☆ファイト、ファイト!
2匹仲良く長生きしてね。
[PR]
by dog_god | 2008-07-24 18:02 | 犬ぐるみ完成写真

揺れ。

また地震だ。
岩手、震度6強。
東京に居る私だって揺れを感じたのだから、東北地方はきっとすごかったに違いない。
被害が小さいことを祈ります。
仙台に友達が何人か居るのだけれど、ここのところしょっちゅう地震で
仙台在住の彼らを心配してる気がする。

いつか、東京も。。。どうなっちゃうんだろう。
私は、震度4くらいまでしか体験してないよなぁ。
前の勤め先に、震度体験の車が来ていたけれど、体験しておけば良かったな。

私の地震対策は、一通りの地震対策グッズを揃え、玄関に頑丈な山用の靴を常時出してあり、寝る枕元にはヘルメット。
そして、ハルッカの安全確保のイメージトレーニング。
今日のように揺れを感じたときに、そのイメトレどおり体が動くかどうかやってみなくちゃいけないのに、「だいじょぶかな。。。だいじょぶかな。。。」と緊張するだけで
体が動かない。無力だ。

あと30年のうちに東京にも大地震が起こる確立は70%だそう。
早く、どこかに移り住む方がいいかも。
でも、日本に居る限り地震からは逃げられないのだよなぁ。
歯は歯磨きすればいいけど。
ひとりぼっちの夜。
生涯不安のない楽園はどこにある?どこかにある?
現実逃避ぎみ。

このひまわり、私。「夏よ、お願い。止まってよ。」e0113673_1191973.jpg
[PR]
by dog_god | 2008-07-24 01:21 | 犬との暮らし

脳の記憶

最近の日記の写真の少なさ。
私がいかに夏のお外が苦手かおわかりいただけると思います。
というか、気力が奪われていくのです。
根性無し。そう、私は根性無し。

今日は歯を抜いてきましたが、やっぱり歯医者さんでも根性無しでした。
先生が、「お産してるみたいだなぁ」って。
それぐらい、大げさだったみたいです。

2年前の抜歯に何とか耐えられて、その時は我ながら「いい子」だったので
そのイメージで行ったのです。「あれに、私は耐えられたじゃんか。」って。

それが、今回の歯は、小さく見えたのに、奥が深くて場所も悪く、なかなかなかなか
抜けなかったのです。

「おちつけ、おちつけ」と深呼吸を繰り返していたつもりが、
過呼吸のように呼吸が早く、浅くなってしまい、しかも恐ろしさから声まで
出てしまい、、、お恥ずかしい。

先生の引き抜く力と、一番奥の上の歯が、「抜かれるもんか」と頑張っている力。
綱引きみたいで、もう少しで頭蓋骨がズルッと出て来そうなカンジでした。

やっと抜けた歯には、お肉がついていて、これこそ写真に撮りたかった!

その歯医者には、受け付けにも、治療台の頭の上のモニタにも、『世界の車窓から』
がかかっていて、頭の中を別世界に旅させてくれます。
それを見てたら、少しはリラックスできる気がします。
『世界の車窓から』…なかなか美しいな〜と歯医者では思うのですが、
ウチでTV見てる時にたまたま『世界の車窓から』が始まると、
歯医者の思い出が甦り、そちらは、『世界の車窓から』…なんかヤダな。って。

キモチがダウンして、歯医者のにおいまで思い出してしまいます。
[PR]
by dog_god | 2008-07-23 01:16 | こころ

次と次と次。

ア〜ア。明日は抜歯だ。。。
やっぱり憂鬱だ。できることなら2年前の私に戻りたい。(まだ言ってる)

間にいろいろ仕事がはさまったりして、すっかり遅れてしまった
シーズ−ず(2匹なので複数形)ですが、なんとか完成間近なところに
来てます。でも、まだ今日生地を染めたりしていたのだけど。
明後日あたり2匹同時に完成かな。

それが終わっても、あとしばらくオーダーぐるみを作ります。
来月には、yosaku's friendsを再開したいな。
あの手作りのガラス目玉を使って。
それから、crochetとFunkyにも新しいコを納めないと。

そうこうするうちに、夏は終わって秋がやってくる。

夏、はやく終わってね。
[PR]
by dog_god | 2008-07-22 00:04 | いぬぐるみ