<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

幻の女の子

e0113673_9262440.jpg
トスカ

先日、無事におうちが決まったあの子も、お名前を頂いております。
Toska( トスカ)ちゃんで~す!

里親さんの愛犬のシェパードくんがオウチにやってきて、まもなく送られてきた血統書には
女の子の名前があったそうです。
そう、血統書の取り違え。
そのあと、ちゃんと交換してもらって、ちゃんと戸籍上も男の子になったそうですが、
間違えて一瞬だけ一緒に住んだことになっている見たことのない幻の女の子。

その名前が、Toska。

一緒に暮らしたシェパードくんも亡くなってしまい、時間はずいぶん経ったのに、
その幻の女の子の名前を覚えていて、ぬいぐるみに名づけてくださいました。
ありがとう!

そういえば、ハルちゃんの戸籍上の名前は「ドリス」と言いました。
名前が二つあるって、思い出が増えてなんだかうれしい。


一昨日の晩は、ご近所の陶芸の先生と、縁台で「オセロの夕べ」。
思い出を語り、これからを語り、空が明るくなるまでオセロをしてしまいました!
今日は「焼肉の夕べ」。
荷造り、間に合うのか!?
[PR]
by dog_god | 2009-05-27 09:42 | いぬぐるみ

思い残すことがないように。

二日酔い。。。久々の。
引っ越しが迫っているから、当日までの朝のゴミ出しは欠かせないのに
もうゴミは行ってしまった。(途方にくれる)

今週は、タローの鼻の修理をやって納品したら、もう仕事はしないで、要らないものの整理、荷造り、もろもろ手続き、それと人と会うという予定。

昨夜の飲みすぎのお相手は、
初めて就職した会社の先輩と後輩。
この先輩と後輩の事務所兼自宅にて、犬と戯れながら
すっかりリラックスしてしまい、飲みすぎてしまいました。

帰り道。自分のしゃっくりと千鳥足ばかりが、印象に残っています。
「ハハハ、自分よっぱらいだね~」と。

今週まだまだ続く、お別れ会。

陶芸家と縁側オセロ大会。
愛犬家と焼肉食べよう会。
歌手とカラオケ競おう会。

忘年会シーズンがやってきた!
[PR]
by dog_god | 2009-05-25 11:09 | 遊ぶ

虹の橋へと導くよ。

この子のプロフィールe0113673_2124502.jpg
夕方までにアップしたかったのですが、手際が悪くて、やっといまアップできました。
楽しみにしてくださっていた方には、遅くなって申し訳ありませんでした。


今回のワンコは、予告のとおり、ベドリントンテリアがモデルになりました。
それと、最近ここでも話題にのぼっていた、虹、再会がテーマにあったため、
ありえない色の犬になってしまいましたね。^^;
いつものことですが。
ベドリントンテリアの持つ、宇宙的な、幻想的な姿が、最近の私の、まとまらない妄想を
ポンってひとつのカタチにまとめてくれたような感じなんです。

黒沢明監督の『夢』というオムニバスを観て、すごく不思議で、でも嬉しい感覚を覚えました。

少し前の日記にある、ハルッカと訪れた安曇野の「大王わさび農場」がロケ地になっているのですが、
私にとってここは、永遠の流れ。別れてもまた出会い、死んでもまた一緒に生きるのだということを
感じる土地でした。

そして、その映画の中でも生と死を扱っていて、この流れがすごく効果的に清らかに映っていたのです。
それから、「大王わさび農場」周辺の田んぼを、私はゴッホの絵みたいだな~と感じていたのですが、
『夢』の映画の中で、「大王わさび農場」が出てくるお話の前に、生前のゴッホと遭遇するという夢のお話もあり、やはりその田んぼみたいな風景が映画にも出てくるのです。
それから、それから、第一話には、大きな虹も現れるのです~。

あかねさん、何言ってるか、まったくわかんないよ~

って非難の声が聞こえてきそうです。

そう、私ってホントに妄想犬おばさんなんですよね。
でも、このベドちゃんを作ったことで、この妄想も一段落。

生きてる者も死んだ者もお空も水も虹もみんなつながっているから心配すんな。ってことで!(おおざっぱ~)

DOG★GODホームページへ
[PR]
by dog_god | 2009-05-23 21:28 | 犬ぐるみ完成写真

出来た。

ベドリントンテリア/DOG★GOD流。ただいま、完成しました !

明日、撮影して、夕方ごろまでにはホームページにアップしたいと
思います。


先日、dream weaver(hp作成ソフト)に問題があったので、

ちょっと不安、サクサクっとアップできるといいのですが。

ありえない犬になっています。

いい具合。

ちょっと恐竜風。

しかも、女学生風。

楽しみにしていてくださいませ~

これから、鼻にニス塗って、寝ます。朝までには乾くでしょう。
[PR]
by dog_god | 2009-05-23 02:01 | いぬぐるみ

ファンタジー担当/ベドリントンテリア

23日発表予定のYosaku's Friendを作っています。

ベドリントンテリアっていう犬を知っていますか?

初めて見たとき、「なんだ?あの犬は!?」と二度見のあと、
「ファンタジー。。。なんてファンタジックな犬なんだろう!」と思いました。

一番目を引くのが、耳の先にだけ残してあるポンポン。
それから、頭部の不思議なスタイル。

これは、かわいい~と思う人、奇妙~と思う人、別れると思います。
しかも、私が見たベドリントンテリアたちは、耳のふさふさを、キミドリやピンクに染めていました。
サーカスかと思いましたよ。


この犬をぬいぐるみにしたいと思えたのは、最初に感じた「ファンタジー」が
今の私の中にあるファンタジックなストーリーと結びついたからです。

先月のあの旅行で見た風景、奇跡のダブルレインボウ、それから、
まるで私の個人的思い出が映画になったような、黒沢明監督の『夢』という映画。

いろんなことが、頭ん中で、一緒になってポワンって頭に浮かんできたのが
一匹の不思議な犬。
それが次回作のワンコです。
楽しみにしていてくださいね!
私も、どんな子にお目にかかれるのか楽しみ~、でもちょっと緊張~。
[PR]
by dog_god | 2009-05-21 11:01 | いぬぐるみ

百日めのスペシャルゲスト!

今日でルっちゃんが亡くなって百日め。
ウチで私なりの供養をしました。
昨日、同じ「ル」の付くわんちゃんのママから、初めてのメールを頂きました。
このブログをさかのぼって読んでくださったようです。
ワンちゃんの性格、名前、亡くした時期、飼い主どうしの行動など、重なるところが多くて
お互いに不思議な感覚を覚えました。

きっと、天国で、ワンコどうし仲よくさせてもらっているんだろうなぁと思います。
いつかどこかで飼い主どうしもお目にかかれる気がしました。


e0113673_23282951.jpg
そして。百日忌のスペシャルゲスト!
あの、『タロー』が我が家にやってきたのです。
写真はありし日のルカとタロー。
ご存じない方のために。。。
タローは、東京演劇集団 kazeの『乞食あるいは死んだ犬』の名脇役。
ぬいぐるみにして役者、しかも死体役の、私が作った犬です。

今月末からタローは、海外でのお仕事です。私も行ったことのないルーマニアでの公演で活躍する予定。
そのために、クリーニングに出してもらったそうなんですが、帰ってきたら、鼻が禿げてしまっていたとのこと。
それで、メンテナンスを、ということで我が家に里帰りしたわけです。

が、私は、タローが私やハルッカに挨拶しに来たと思っています。
私は、今月末に東京を離れてしまいます。
今このタイミングでなければ、なかなかタローに会えなかったと思います。
タローはルーマニアへ、私とハルッカは富士の麓へ。
お互いに、ちゃんと自分のできることをやって行こうね!


e0113673_21129.jpg
というわけで、我が家のベッドは、今、、、、三匹の死んだ犬に、占領されています。

死んだ犬と言っても、私にとっては、みんな『いきてないのに、生きている』!
温かいワンコ達です。
[PR]
by dog_god | 2009-05-20 21:02 | いぬぐるみ

おかげさまで

下の子、お迎えくださる方がいらっしゃいました。

どうも、ありがとうございました!
[PR]
by dog_god | 2009-05-19 00:45 | いぬぐるみ

売れ残り!?

ホームページの更新に使っているdream weaverというソフトの具合が悪く、
webの仕事をしている方にうちに来ていただきました。
何をやっても正常に動くことはなく、ついに再インストールをすることで解決しました。
まぁ~ほんと~に機械の気持ちはわかりかねます。(泣)


で、ホームページのあちこちをちょっとずつ更新して、正常に仕事できるかどうかをみていったのですが、
ぬいぐるみがほとんど売れて命名頂いているにも関わらず、一匹だけが残っていて
「この子はどうして?」とwebデザイナー。
「なぜか、残っているの~」と私。

作ったときの、わくわく。出来あがったときの喜び。
「私のそばにずっと居てもいいよ~」と思ったのです。
だから、お嫁にいけないのは、私の念かしら?

「どうしてだろう?こんなに可愛いのに~。」
と言うwebデザイナー。

そこは、さすがに職業。
どこか表示のおかしなところがあるんじゃないかと探してくれています。

私「値段がもしや、250000とかになっちゃってる?」と聞くと

「値段がどこにもない!」と。

!!!

そうだった。この子ってば、展示にあちこち行ってたので、
DOG★GODからのご購入はないものと思って、ウチに帰ってきてからも
お値段を表示していなかったのです~。
バカヤロウ。私。

ウチに居てくれてもいいと思っているのですが、
もしも、お迎えくださる方がいらしたら、お譲りいたします。

発表したときは25.000円でしたが、時間がたってしまったのと、表示が不親切だったお詫びとして
23.000円にさせていただきます。

気に入ってくださっている方がいらっしゃいますように。
ご連絡お待ちしております。

この子のプロフィールe0113673_2225998.jpg
[PR]
by dog_god | 2009-05-18 22:10 | いぬぐるみ

頂きましたっ!コロ!

e0113673_2040248.jpg
コロ
富士山の麓で2本の虹を見て、こっちに帰って来ようと決め、東京に戻った日、
ぬいぐるみのご注文メールが入っていました。
ずっと里親さんの出現を待っていたあの子にです。

富士山を背負い、ファイティングポーズをとり諦めないアイツ。
あの子に込めた思いと、ボクササイズが好きな里親さんの思いが呼びあって、今回のご縁になりました。
頂いた名前はコロ!
里親さんの幼いころに少しの間、一緒に暮らしたわんちゃんの名前だそうです^^
私が、初めて飼った犬もコロと言いました!(昔は犬といえばコロだらけだったけど。)
もちろん、富士山の麓で一緒に暮らした子です。

たかがぬいぐるみ、されどぬいぐるみ。
ご注文のタイミング、命名、まるで作り話のように、私の人生をなぞっていく気がします。
旅~虹~「決断」~ハルッカ~富士山~コロ~といろんなことがつながっていきます。
ご縁なんですねぇ。

これまでの一匹一匹にもご縁を感じますし、これからもそんなモノづくりをしていきたいと思います。

途中からブログを読んでくださった方には???の意味不明ストーリーかもしれませんが、
いつも読んで下さっている方たちには、何かに導かれるような私を感じていただいていることと
思います。これからの私、目が離せませんよ!
とCM前のようなセリフで引きつけてみる。^^;
[PR]
by dog_god | 2009-05-16 21:07 | いぬぐるみ

スキンヘッズによる、スピリチュアルな一日

午前中はオーダーっ子の制作をして、午後からお出かけ。
友人と、スピリチュアルカウンセリングしてもらいに行きました。

坊主頭のカフェの店主が霊視してくれる、、、霊感喫茶!?^^;
ほんの10分くらいのカウンセリングでしたが、まとめると。。。

ハルもルカも、寿命を生き、死んでいっただけで、私に心配してほしくて死んでいったのではない。
(そうだよね、私のことを思ってくれてるのはわかるもん)

見えなくてもそばに来ているし、あなたとは「夢で逢っている」だそうだ。
(夢では、今朝も逢いました。でもいつもハルちゃんしか出てこないの~。でもちゃんと二匹はともに居るらしい)


私が今回生まれてきたのは、自分が、感動し、笑い、楽しみ、それをみんなに伝えるため。
それなのに、今は不安や心配ごとが多くて、あんまり笑えなくなっている。
(ん~、この一年悩んだしなぁ)

もっとハッチャケちゃっていいのに、不安や心配や、人の事を気にして、ちいちゃくなっちゃってる。
(ハッチャケちゃって。。。?いいの?どのくらい?)

わけへだてのない愛と奉仕の気持ちで、みんなを癒したり、感動させたりすべき。
(ハイ。。。)

結婚はまだまだ。見返りを求めないことをちゃんと修行せよ!
(これ一番当たってる!ラクしたくて結婚したいって思っているもん。思いっきり見返り求めてる。反省。)

キーワードは『愛と奉仕』でした。


うん、まぁそうだな。そうなれたらいいな。と納得して、友達とお互いのカウンセリング内容を喋りながら
帰ってきたのですが、友達と別れてから、急に思い立って、高円寺のあとに住んだ幡ヶ谷あたりを
歩いてみることにしました。富ヶ谷から幡ヶ谷方面に歩いていく途中に大山公園があります。

e0113673_23474692.jpgそこは、ハルとルカのお散歩に来ていた公園。
ああ、あそこでトンネルくぐる練習したなぁ~。待ての練習したなぁ~。一緒に走ったなぁ~。
ベガちゃんももう死んじゃっただろうなぁ~。懐かしい思い出が次々によみがえり、
連れてきていたハルッカぐるみと、公園の景色を撮りはじめました。
もう東京ともお別れ。この公園に来ることもないだろう。
ハルとルカと一緒に、生まれたての朝の気持ちよさを満喫した。。。



e0113673_23465874.jpgもう暗くなりかかっているので、写真に写りずらいな、暗くなったらちょっと怖いな、と思っていたら、坊主頭の人がこっちに近づいてきました。

こ、怖いかも。。。と緊張する私。
そしたら、なんと尼僧さんでした。にっこり笑って、「夕景が写りますか?」。

次にベンチに座っていたハルッカぐるみに目をやり、近づいて、「生きてるの?」と聞くので、

私の作った亡き愛犬たちです、東京を離れるので、よく散歩したこの公園で写真を撮っておきたくて。と
言うと、
「本当に好きなのねぇ。この子たちのことを」
それを聞いた途端に、、、やっぱり泣いちゃった私。


そして、おそらく1時間ちかく、その尼僧さんとお話しました。
話しているうちに、お互い「どうしてここでお会いしたのかしら」という言葉が何度も出ました。
私には、ハルッカが逢わせてくれたとしか思えませんでした。

その方は現在78歳で、ご主人を亡くされたときに仏門に入り、70歳のときに大学を卒業されたそうです。

いろいろなお話をさせていただく中で、印象に残ったのは、ご実家が私と同じ静岡県の、沼津にあるということ。
そして、犬の戒名を頼まれたことがあるけれど、亡くなったときに、わんこはわんこの「ほとけさま」となっており、生きているこちらが戒名など付けるようなものではないと考え、お断りしたということ。

そして、メダカを飼っている水槽にいつの間にか、貝がいくつも貼りついている。貝の種を播いたわけでも、
貝を入れたわけでもないのに。(私も経験あり。どこから来たのかわからない貝がいくつも貼りついてる)
この世には、空気中にも水の中にも見えない生き物がたくさん生きていることの証拠。だから、ただの水も
生き物だと思い、粗末にせずに、お花にあげるなどして活かすこと。

お話をうかがっていると、なんだか癒されてしまい、私に聞きたいことがあったらどうぞ、という感じに
なってきました。いろんなところで講演などされている方らしく、みなさんに聞きたいことあったらどうぞ、と
質問を促すと、たいがい「地獄ってあるんですか?」って聞いてくるわねぇ~と笑っておられました。
それで何でも聞いてもいいんだなと思い、、、。


e0113673_2349485.jpg私はひとつだけ聞きたいことがありました。
父が、父や母の入る予定の代々のお墓に、「ハルちゃんとルっちゃんのお骨を納めたらどうか」と言って
くれているのです。父は、私が嫁に行けるか行けないかもわからないし、もし、嫁にいけなかったら
ハルちゃんとルっちゃんと、私が死んだら私も、みんなおんなじお墓に眠ればいいって思ってくれて
いるのだと思います。もし、嫁に行ったとしても、父と母とハルちゃんとルっちゃんをたびたび参ってほしいという思いもあるのかもしれません。

でも、動物と人間が一緒のお墓に入るってどうなんだろうか。。。って思っていたのです。
だから、それを聞いてみました。

すると、
「いいのよ。家族だもの。お父さんがそう言ってくださっているのだもの。実は私もね、、、、」
と家族4人だけの秘密で、代々の大きなお墓に、愛犬のお骨を納めてあることを教えてくださいました。

人間のお骨を納めてあるところと少し離して穴を掘って、納め、100年経って、この世はどうなっているか、わからないから、掘り返されたり粗末にされないように、石に名前を刻んであげたら、後の人もわかってくれる。
ハルちゃんとルカちゃんが居たってことをね。
と言ってくださいました。

嬉しくて仕方ありません。

ハルとルカのぬいぐるみを何度も撫でて「幸せな子たち。」「あなたも、この地球、宇宙の、たくさんの生き物の中で、ご縁あるこの子たちと出会えて幸せよね。」と。
本当にそう思えました。

そして、お互いに足がしびれてきたので、立ちあがって、さよならする間際に、

「どうして、今日ここであったのかしらね。あなた、やっぱり、こんなところでぬいぐるみと写真撮ってるの
不思議だもの。普通に見たら変よ。」と言われ、
さわやかにお別れしてきました。

私は「お元気で」と言い、
あちらは、「よい毎日を」と合掌してくださいました。

ウォーキングの途中だったらしく、両手をブルンブルンと大きく振って大股で歩いていかれました。
坊主頭が暗闇に消えていく。。。暗くなっても怖いものなんて何もなさそうでした。
[PR]
by dog_god | 2009-05-15 00:08 | こころ