<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

咲かす。

e0113673_21303799.jpg
庭の牡丹が満開。

子供のころにティッシュで作ったお花のよう。

e0113673_21331067.jpg
雨の日。

おもてに誰か立っていると思ったら、

父に、傘をさしてもらってる。

大事にされちゃって。

この間のスズランはこの牡丹の足元に咲いて雨やどり。

e0113673_2134869.jpg
私は、昨年お寺でわけていただいた蓮の種を、発芽させました。

来年は、咲いてくれるかも。。。

睡蓮鉢を探さなくちゃ。
[PR]
by dog_god | 2010-04-30 21:37 | ガーデニング

息をすること。

e0113673_17161880.jpg待ちに待った口琴が届きました。
障害のため、楽器コンプレックスがある私ですが、
口琴は、とあるライブで初めて聞いたのをきっかけにみょ~にひかれて、
ネットで色々検索したりして、一か月ほど前に注文したのでした。
生意気にも注文制作。していただいたんです。
お店で売っているのを見たことはあったのですが、触ってはいないので
届くまで、どうやって音を出すのかも、私に演奏ができるのかもわかりませんでした。
桐箱に入って届いた「ヤツ」。
躊躇なく口元に運び、はがねの部分をはじいてみました。
わくわくしたわりに、すかした音が。。。空振り~
5分くらい練習していると、びよよ~~~んという口琴らしい音が出せるようになりました。

それから、仕事に疲れると、びよよ~ん。
考え事してはびよよ~ん。
気が向けばびよよ~んです。


息を、吸ったり、吐いたり、口の中で揺らしたりすることで様々な音が出ます。
口琴演奏にはリラクゼーション効果もあるそうです。
どおりでリラックスしたいときに手が行きます。

そういえば、昨日の日記に書いた映画の「空気人形」も息がひとつのテーマのようです。
最近、「息」です。
息を気にし出したのは病気になってから。

病気の治癒に向けたメニューの中に呼吸法があります。
ある本の中に書かれていたことで、とても気に入ってイメージしていることがあります。


宇宙と一体になった気持ちで呼吸をしていく、、、その際、受身であること。
自分が呼吸をしているのではなく、
吐く息は、宇宙が自分から息を吸い込んでいる
吸う息は宇宙が自分に息を吹き込んでいるというふうに。

しばらくやっていると、自分が呼吸していることがすごく神秘的なことと
思うようになりました。

そして、
私の吐く息は、宇宙に必要とされている、
私の吐く息が必要だから、宇宙は私に息を吹き込む。
なんて感じるようになったんです。
宇宙というと壮大すぎるけど、
すぐそこにある小さな草が私の息を欲しがっていると思えば。
みんなつながってる。
そうすると、やっぱり昨日の「生命は」という詩みたいに、
私もあるとき誰かのための虻なんだね~って感じる。

口琴は呼吸でびよよ~~んって空気を震わせる不思議な楽器。
呼吸法のごほうびに届いた、ステキなおもちゃ♪
[PR]
by dog_god | 2010-04-29 17:20 | 手作り

生命は。

わたしも、是枝監督の「空気人形」を見ました。
二回。もう一回見てみようかな。。。
その中に語られていた詩が、気になったので調べてみました。


ぬいぐるみを、生きていく上で「必要ないもの」と思っていたわたしに
ある人がかけてくださった言葉、、、
「人形は人が亡くしていくものの肩代わりをしてくれるとても必要なもの。」

それにも通じるなぁと思ったので。


---------------------------------------


「生命(いのち)は」 吉野弘


生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も  あるとき
誰かのための虻(あぶ)だったろう

あなたも  あるとき
私のための風だったかもしれない



--------------------------------

生命は
その中に欠如を抱き

の部分がとっても好き。
[PR]
by dog_god | 2010-04-28 20:01 | こころ

パジャマデー

昨日から、風邪気味で喉が痛い。

今日は雨が降るとわかっていたので、

一日パジャマで過ごす日にしよう!と決めました。

わ~い、わ~い。ここしばらくずっと憧れてたパジャマデーだ~わ~い。

雨だから、ウォーキングもしないし、

軽く引きこもりだから、誰にも会わなくたっていいんだもん。


前からず~っと感じてた。

わたしはパジャマで居る時が一番リラックスしていて、

考えることも行動も自由で、集中力もたかまる。

だから、本当は、朝起きたら着替えしないで、シゴト机に向かうのが無駄がないと思う。

効率だけを考えたら。


夕方、家族で食事に出かけることになったので、

仕方なく着替えたけれど、パジャマデーはやっぱりステキ。

難しいシゴトが目の前にあるのだけれど、気張ることなく入っていけたし。

このシゴトは出来るだけパジャマで挑むことにしよう。

それじゃあダメだ。とあちこちから聞こえてきそうだなぁ。。。


そういえば、誰かさんは、会社の人たちとパジャマパーティーを

開催してたっけな。オヤジたちもパジャマで参加。変な会社。
[PR]
by dog_god | 2010-04-27 23:43 | どうでもいいこと

ももとさくらの魔法

e0113673_22392321.jpgこの春はちょっとおかしなお天気が続いていますが、
わたしは、ももちゃんというワンコをお迎えくださったお客様からのメールで
すごく温かな春の気持ちになれました。

とても嬉しいメールです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
あかねさん
桜も今ではすっかり葉桜になりましたが、今月の初め、ももちゃんワンコと一緒に
“初めてのお花見”に行きました。
ももちゃん&桜の写真を撮るのにちょーどよさげな 低い桜の木を発見!
ももちゃんを木の下に座らせてデジカメのシャッターを切ろうとしたら…
ユッサ〃ユッサ〃とバックの桜の枝が揺れだしました。んん?だれじゃい…
「ルカ、やめなさい。写真撮ってるでしょ」とママらしき声に、
チッコイ女の子が、木の枝に座ってて、
ももちゃんを指して「これってクマ?」って聞いて来ました。
「イヌだよ…」って答えると、「へぇぇ~」って。
すかさず「お名前、ルカちゃんて言うの?」と聞いてみると… 「うん」
なに?!何故にここにルカちゃんが!!わぉw(゜〇゜)w
ワタシノあまりの驚きに、一緒にいた友達に
実はコレコレコウデ…と!
「このワンコの作家さんがとても桜が好きだから、ももちゃんも桜観たよ~☆の、
写真を撮って送れたらいいな…ぁ。と思ってきたら作家さんの最愛のワンコと同じ名前のルカちゃんがいたよーー」 と。
スピリチュアルなパワー持ちの友達は「今のゾーーっとした…」とゆーてました。
とっても不思議な、とーっても素敵なルカちゃんとの出会いでした……。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブワッと涙があふれてきました。

桜とともにわたしのところに現れたハルちゃん。その息子のルカ。

先日の桜のエッセンスが届けられたことと言い、色々な方々とのつながりがハルとルカから

始まっているんだなぁ~って。

桜が、わたし達の上に咲き、花びらがわたし達の間に舞うように、

ハルとルカはいるんだなぁと思うのでした。

ももちゃん、ももちゃんのママ、ハル、ルカ、桜の花さん。。。。。ありがとさんです。
[PR]
by dog_god | 2010-04-26 22:39 | こころ

オーダーっこ。

e0113673_21164128.jpg
この子もオーダーっこです。

個展の様子をネットでご覧下さっていた方からのオーダーです。

ポストカードにもなった黄色いリボンの子の兄弟っぽい子を。とのことでしたので、

モヘアやパターンはそのままで、目玉やミミの表情なんかで違った雰囲気にしました。

違った雰囲気とは言っても、なんかわたしの好きなお顔って出てきてる。。。と。

どことなくルカに似ているような。

仕方ないか。ハルちゃんと一緒に一番たくさん見つめた顔だもんね。

オーダー主さまも気に入って可愛がってくださるといいな。

仔犬から成犬になっていくおびえのような、とまどいのような、緊張したような表情のワンコです。
e0113673_2130113.jpg
最近、犬の里親募集のサイトばかり見ています。

だからもしかしたら、そういうサイトで出会ったワンコ達の表情もぬいぐるみに表れているのかもしれません。

いろんな境遇のワンコたちが、おびえたり緊張したりして写っている写真。

でも、その中にもめっちゃ笑顔の子だったり、親分づらしてる顔があったり、

犬って、本当に好き~。と思いつつも、自分の健康のことや将来のことがまだまだ心配。

お迎えはまだ先だなと。

ワンコを迎える決断をするときは、わたしが生涯をみてあげる!と思えたときです。

早くなれますように。


e0113673_21293025.jpg
[PR]
by dog_god | 2010-04-25 21:49 | 犬ぐるみ完成写真

桃太郎にはきびだんごを。

今日は子守り。
甥っ子が来て一緒に遊びました。

こちらでは、女の子のお雛祭りは4月3日に行われる風習です。
で、お雛様を片づけると、入れ替わりという感じで
男の子のお人形が出てきて、こいのぼりとともに5月5日まで飾ります。

我が家でも、この間までお雛様(わたしの!)が出ていましたが、今は甥っ子のお人形が飾ってあります。
甥っ子は別のところに住んでいますが、マンション暮らしのため
すべてを自宅に飾ることが出来ず、我が家に甥っ子の「桃太郎人形」が飾られています。

ガラスケースを見つめ、ほかの大人が居ないことをいいことに、わたしに
「あの剣を抜いてみたい」と言います。
桃太郎人形の腰にさしてある長い刀を見ながら。

わたしも、すっかり「りかさん」(梨木果歩の人形のお話)に感化されているので、
この桃太郎人形を飾るだけじゃなくて、ちょっといろいろ感じてみたい。と思ってしまいまして。

甥っ子とふたり。
ガラスケースをはずしてみようということになりました。

そおっとはずしてみて、まずは甥っ子の希望、剣を抜いてみました。
すると甥っ子は、さっそく空を切ってご満悦。

わたしはシゴト柄?お顔の作りとか細かいところをちょっと
チェックして、もう少し可愛く見える髪型にできないか?とか。

甥っ子が剣をもどしながら、ほかの持ち物を調べると、
「あれ~、きびだんごが無い!」と言います。
で、すぐそばの本棚にあった桃太郎の本を持ってきて、「ほら~」と。
きびだんごが無いから、この桃太郎にはお供の、犬もキジも猿もついて来ないんだって言います。

しばらく、ガラスケースを開けたままで、この桃太郎人形に
桃太郎のお話の読み聞かせをしています。絵を見せながら。
きびだんごの出番のところで、
「ね~。ももたろさん聞いてる?きびだんごどうして持っていないの~?」って言ってます。

わたしは可愛くなってしまって、「りかさん」のお話も十分思いだしながら、
「じゃあ作ってあげよう!きびだんごときびだんごを入れる袋。」
というと甥っ子、もちろんノッてきました。

甥っ子はわたしがぬいぐるみを作るのを良く見ていて、自分もチワワを縫ったりしています。
(半年以上かかってまだ出来てないけどネ。)
甥っ子が縫い物をして遊んでくれると、私もわずかながらシゴトが進むので好都合♪

わたしが小さな巾着袋になるようにあり合わせの生地を裁断、甥っ子になみ縫いを指示。
ぬいぐるみを縫うために本返し縫いや半返し縫いが出来ていたので、
(もちろん下手。七歳の男児だもの)なみ縫いは割にラクみたい。
わたしは隣で自分のシゴトを進めながら、
ポイントの部分はやってあげて、可愛い巾着ができました。


で、きびだんごは粘土で。わたしのぬいぐるみに使う粘土をちょっと
わけてあげて、まぁるくこねて、今乾燥中です。

今日は、ここまでやって帰っていきました。
明日また続きをやるそうです。きびだんごを塗るとか。


大きくなって、甥っ子がパパになったときに、子供に、
「パパが小さいときに、桃太郎さんにきびだんごを作ってあげたんだ。」
と話すんだよ~と言って聞かせました。

この桃太郎人形が、わたしと甥っ子が作った「きびだんごときびだんご袋」とともに
いつまでも大事にされて行くと嬉しいんだけどな。


しかし、甥っ子は、ちょっとおバカさんで、「縫う」と「塗る」の区別があいまい。
生地と針を持って「ココをぬるの?」と聞いてきます。
「縫うんです!」
[PR]
by dog_god | 2010-04-24 23:44 | 手作り

携帯にイライラ、スズランにランラン♪

e0113673_11173982.jpg昨日は暑いくらいの良いお天気だったのに、今日はまた雨。皆さんのところではいかがですか?
気温差に身体が驚いちゃいます。気をつけましょ~。

昨日のお天気で気分も晴れやか~になり、ウォーキングついでにdocomoに寄って
携帯を新しくしちゃいました。これまでのが古くて、突然死されては。。。と思ったので。
既にカメラ機能は死んだまま1年くらい経っていました^^;

それにしても好きな色、デザインが無くて、よくわからん機能ばかり搭載されてて、
待ち受け画面にお気に入りのハルッカ写真入れたら、変なヒツジのキャラクターが画面に勝手に現れて
ハルッカの上に平気でウニョウニョしてるし。。。。どっか行ってちょ~だい。

マニュアル読むの大嫌いだから、しばらくイライラすることになりそうです。
ああ、それなら買い変えなきゃいいじゃん。


ウチに帰ってきて、花盛りのお庭に癒されていたら、ちょっと目立たない場所に
すずらんがいっぱい花を咲かせていました。
あまり見てもらえない場所だったので、切り花にして室内に飾りました。
いいにお~い♪室内に飾って正解。

なんだかとっても嬉しかったのでハルちゃんにも捧げました。
やっぱり女の子、お花はルカよりもハルちゃんの方が似合ってる^^

ちょっと嬉しそうじゃな~い?ハルちゃん。
東京のわたし達の暮らしには無かったお花だねぇ。いい香りでしょう?
[PR]
by dog_god | 2010-04-22 11:38 | ガーデニング

洞窟の奥から。。。

昨夜、寝る前に瞑想していたら、だんだん畑とおばあさんの画が浮かびました。

その画が意味する場所は、母の育った家。

さっそく今日の午前中に行ってきました。

小さい頃にたびたび訪れた場所です。母が育った家自体はもう取り壊されていますが、

その土地には、わたしにとっても子供時代の思い出がたくさん残っています。

縁側の軒下にあったアリ地獄。五右衛門風呂。井戸。

なんといっても一番の思い出は、洞窟。

中腰でやっと入っていけるくらいの洞窟で、昔、水を引くために掘った洞窟だそうです。

今日は、久しぶりに洞窟に入ってみました。

昔は、きもだめしに入っていたくらいの洞窟です。

当時、真っ暗闇で天井にはコウモリがたくさん吊る下がっていました。

今でも、真っ暗闇に違いありませんが、コウモリや、でっかいコオロギのようなゴキブリのような虫は

もう居ませんでした。

横穴は50メートル。突き当りに2メートルの竪穴があるのですが、

一人では行く勇気がありませんでした。

しばらく真っ暗闇の中にたたずんでいましたが、一番奥の方から、「ピチョン、ピチョン」と水の滴る音が

聞こえてくるだけの完全な真っ暗闇。

地面の中にたたずむって、すごく不思議な気分です。

時空を超えて、どこかにつながっていそうな闇。

だんだん畑とおばあさんにつながる「何か」がわかるんじゃないかって期待したのですが、

わかりませんでした。

でも、真っ暗闇としっとりとした空気で、何か浄化されたような気分もあって、

暗闇にお礼を言って、さぁ、出ようと思い、入口方向に向きを変えた途端!

奥の暗闇が急に怖くなりました。引きずり込まれるような恐怖。

早く逃げなきゃ。と勝手に焦るわたし。

闇に向かっている時、たたずんでいるときはあんまり怖くなかったのに~。

お気に入りの場所にしようと思ったけど、やっぱり怖い^^;
[PR]
by dog_god | 2010-04-20 22:20 | お散歩

オーダーっこ。可愛くできました!

e0113673_18514034.jpg個展のメインビジュアルをつとめたともしびちゃん。(ホントの名前はルービちゃん。)

チャームになったり、ポスターやDMになったり、たくさん見つめていただきました。

そんなルービちゃんの兄弟っ子みたいな子を。というご注文をいただき、作りました。

オーダー主さんのワンちゃんと、似ているところがあったそうです。

どんなワンちゃんですか?おとこのこですか?おんなのこですか?

とお尋ねし、プードルのおんなのこだそうですので、

ルービちゃんの雰囲気をいかしつつ、

どことな~くプードルっぽく。なんとな~くおんなのこっぽく。

そういうキモチで作りました。




e0113673_1852577.jpgわたしには、こういうご注文が合っているような気がします。

そっくりにしよう、似せよう、と思うと、作品があちこち緊張してきて全体の雰囲気がいまいち。

出来上がった子も、どこに落ち着いたらいいのか迷っちゃうような。。。

本当はもっと精進して、「なんでもござれ~」になったらいいんですけど。

お客様に喜んでいただきたいのはヤマヤマです。もちろん。

でも、得意、不得意ってありますね。。。

いや、努力していきます!

でも、得意なことをわかっていていただけてると。。。

なんか、わたしがなりゆきで好きなように作っていく架空のワンちゃんの方が、

似せて作るよりもちょっとだけ余分に喜ばれている気がするのですワン。


ちなみにこの子は、わたし自身すごく気に入っています。

とくに、ミミ裏の生地。左右違っていて、両方とも古布。高いのぉ~。美しいのぉ~。

それから、目玉と、お花のボタン!北原さんの。
[PR]
by dog_god | 2010-04-19 19:03 | 犬ぐるみ完成写真