<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

天使と京都に行った。

5日間のエンジェルインビテーションの最中である私。
天使のおかげなのか、とても気持ちのいい日々を過ごさせてもらっています。

実は、血液検査の結果に心配なところがあり、
不安で頭が支配されて、心が自由に活動しない日々を過ごしていました。
日記が滞りがちだったのもそのせいだったかもしれません。

友達からの不思議な提案で、ちょうど天使が来ると言う日。
動物のメッセージを受け取ることができる方からお手紙を頂きました。
不安のあまり、私がハルやルカが何か言っていないか知りたいと
お聞きしていたのですが、勝手なお願いですので、お返事は期待せずに
お任せしていましたが、ありがたくそのメッセージを伝えていただくことが
出来ました。
ハルよりルカが前に出てきて、必死に私に伝えてほしいことを言っているそうでした。
その必死な姿がその方の頭から離れないそうです。
ルカが言っているという、その内容は、とっても腑に落ちることでした。
ルカと私の間にだけあるものを、わかるように言葉にしていただいたような。

そして、その方から私へのアドバイスとして書かれていたことも
私が実践しようとしてなかなか出来なかったり、
いつも心がけていることだったり、まるで私の心の中が全部見られてしまっているかのような
内容だったのです。

その晩、友達に言われた方法で天使を呼び込み、
翌日は京都に行きました。

生命の無限の可能性を探るというテーマで、映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」の
上映と、笑いで免疫力をあげる落語一席、そして、著名人の公演、シンポジウムという内容。
その中で私が期待していたのが、「地球交響曲」に出演されているアンドルー・ワイル医学博士と
末期がんから鮮やかに復活された寺山心一翁さんに触れることでした。
映画の中のワイル博士はやっぱりとても大きな存在感で、引き込まれましたが
それ以上だったのが、実物の寺山さんです!
(寺山さんとワイル博士は友人関係にあるそう)
光り輝いておられるのです。とても、死を待つだけのガン患者だったとは
思えない。ステージ上に居る誰よりもぴっか~んと光っている。
そして、最後はひとりひとりに握手して下さったのですが、
そのギュッと握られる愛のある手のチカラ!私は恋に落ちました(笑)

私の友人であるタイ在住のHさんは、敬虔なクリスチャンで、
何度もガンと宣告され、ついに骨までガンに侵されても、
治療という治療はせずに、祈りと自助療法でガンを消してしまっています。
彼女に寺山さんのことを話したところ、彼女も偶然にも
寺山さんとお会いしたことがあるそうです。
彼女はタイの山奥へ行った帰り、寺山さんはチベットの帰りだったそうです。
やっと日本人に会えた~というのが、寺山さんだったとか。
もう20年近く前のことだそうですが、当時から不思議な、ちゃめっけたっぷりの方
だったそうです。

こんな風に力強く、自分の持つチカラに気付き、存分に引き出して
生きている人達が周りに居る!気づきさえすれば奇跡は
奇跡なんて大それたもんじゃない。

シンポジウムには免疫生物学がご専門の若い博士もいらして
感情と細胞の関係など、顕微鏡下だけでなく、幅広く立体的に生き物を
観ておられるお話もとても説得力があり、興味深いものでした。

日帰り京都で、どこにも寄れずお参りひとつできませんでしたが、
とても元気になって帰ってきました。

今朝のことです。
ルカが夢に出てきました。ハルちゃんはよく夢に出ましたが
ルカは夢に出たことはなかったと思います。
とにかくとにかく、可愛い、うんと可愛いルカでした。
耳だけはハルちゃんでした。
なんだか安心して眠っています。にっこりと綺麗な寝姿です。
必死で「あかねちゃんに伝えて!」と訴えていたルカではありません。
なぜか、訓練士さんのような人が現れて
「犬と一緒に歩いてみてください。見ますから。」と言います。
急なことで、ルカを集中させるためのオヤツを探して焦っていたのですが、
その訓練士さん、にっこり笑って、「はい、いいですよ。出来てますね。」
と歩くのを見ずに消えてしまいました。

私の不安はほとんどなくなっています。
これでいいんだ!って思えるんです。
ああ、私という生き物は、本当にいろんなつながりの中で
生かしてもらっているんだな。
私はお勉強が苦手なので、難しいことはわかりませんが、
病気になってだいぶ本を読めるようになりました。(苦笑)
人間いえ、生き物は、決して見えている肉体や現象だけのものじゃない。
よくオーラや前世が見えて、それをインチキだと思われる人も多いと
思いますが、どういう言葉でそれらをあらわそうが、
やっぱりここに居る生命というのは、すごい奥行きをもった計り知れない
存在なんだな。
[PR]
by dog_god | 2011-02-28 11:28 | こころ

おっされ~

e0113673_19503772.jpgハルッカ♪の池袋のお母さんが、お洋服を送ってくださいました。

今回ばかりでなくて、以前にもたっくさんのお洋服を送って下さいました。

ハルとルカには、Tシャツ、セーター、コート、水泳用ライフジャケットの

各アイテムほぼ一着ずつしか買ってあげず、おしゃれはさせてあげませんでしたが、

ハルッカ♪はすごいです!

池袋のお母さんは小型犬をたくさん飼っていて、ちっさい子たちとお揃いで

ハルッカ♪も買ってもらっていたようです。

ハルッカ~、可愛がられていたんだねぇ~。

おまえさんは、処分されるかという運命だったとは思えないほど、ラッキーだよぉ。

お母さんが送ってくれたお洋服、写真を撮ってお母さんに見てもらおうね。

ほら、似合ってる。

いい顔して~。


e0113673_19511529.jpg
[PR]
by dog_god | 2011-02-25 19:52 | 犬との暮らし

近況&お知らせ

日記をさぼってしまっていました。
このブログで私の体調を気にして下さっている方、
ハルッカ♪の様子を気にして下さっている方、心配かけてごめんなさい^^;
私もハルッカ♪も元気にやっています。
今、せっせとオーダーっこの制作に励みつつ、岩盤浴や砂風呂で
疲れをとり免疫力アップ!という日々です。食養生も続けています。

さぁさ、今日はkanaboonちゃんのライブ情報。頑張ってるなぁ~、楽しんでるなぁ~。
私ももっともっと楽しみながら作っていきたいっ!!
Re+Cafeは、私も行ったけどお料理がおいしいお店。
今回は映画とのコラボ、切り絵アニメーションの上映もあるってなんか面白そうなたくらみ。
谷中っていう街も面白い!ぜひおでかけ!!

じゃ、以下桃井かおり風のかなぶんさんからで~す。

e0113673_2251430.jpg

・・・・・・・・・・
またなの~?
   KANABOON Live Information
・・・・・・・・・・
映画「ソウルキッチン」コラボ記念企画
『 SOUL PARTY 』
・・・・・・・・・・
土屋 萌児
切り絵アニメーション
上映会

KANABOON Live
・・・・・・・・・・
2011年 2月25日(金)
・・・・・・・・・・
@ 谷中《Re+Cafe》
・・・・・・・・・・
Open  19:00
Start  19:30
Charge \2,000
    (ドリンク別)
~定員25名 予約制~
・・・・・・・・・・
ご予約・お問い合わせ
《Re+Cafe》
nurukany@agate.plala.or.jp
03-3821-2076
台東区谷中3-9-14-1A
JR日暮里駅徒歩5分
千代田線千駄木駅徒歩5分・・・・・・・・・・
映画「ソウルキッチン」に因んだお料理も用意してお待ちして居ります。
・・・・・・・・・・
上映会用のプロジェクターは浦野 薫ちゃんにご協力頂きお借りする事になりました。深謝。
   KANABOON 
[PR]
by dog_god | 2011-02-23 22:58 | お知らせ

起こることをいただく。

e0113673_17235047.jpgオーダーっこのノーリッチテリアです。
毛足がちょっと足りなくて、子犬みたいですが。

今回のオーダーは、「ちょっと大きめの30cm、そして、目は黒のグラスアイ、
鼻と口は黒糸の刺繍で。」とのご希望でした。

テリアっぽい風合いのモヘアは見つかったものの、
30㎝の仕上がりにするには、毛足が短め。
できる限り大きく、でも、この犬種らしさが損なわれないように。。。
と思ったのですが、仕上がりは27㎝、毛も短くて、
正直言ってノーリッチテリアかどうか微妙に。。。

オリジナリティーを求め、
オーソドックスな黒のグラスアイ、黒の刺繍の鼻、口は、ここのところ避けていました。

しかし、お客様のご希望です。勝手に好きな目鼻にしちゃうわけにはいきません。
黒のグラスアイをつけてみて、「う~ん。私っぽくない」
刺繍をしてみて、、、「う~ん。ますます人の作品だ。」
カタログで見たようなぬいぐるみだねぇと思いました。

で、私は、北原さんの目玉とか、素材の力に頼っていたのよねー。と
わかっていたことだけど、それに気付かされ。

お世話になっているお医者様のブログに
「あなたは、自分が望む人生ではなく、自分に起こる人生をいきるべきである」
と書かれて居ました。


e0113673_1725484.jpgこれだけ読まれた方には、「え。え~!?それって違くない?」
と思われるかもしれませんが、私はその望む人生を生きることも、
起こる人生を生きることも、なるほど~って今は思います。

私に今回のようなオーダーが来たことは、
私に起こったことであり、私に必要なことであり、私に求められていることで、
それは、すべて、「大いなるはからい」だと感じながら、
途中まで作ったカタログで見たようなぬいぐるみに、
私の手を通して、何が映っていくのかを楽しませていただくことにしました。
そしたら、割と自然に「いいな。」というところが出て来ました。
ドキドキしながら、至らなかった点をお伝えしながら
オーダー主様に画像を見ていただいたのですが、意外なほどに
喜んでいただけたのです!嬉しかったです。
私は、本当に犬やお客様にいろんなものを頂いているんだってまた気付かされました。

オリジナルであること。これはいつも気にしてきたことですが、
ちょっと間違えるとそれは押しつけがましいものなのかもしれません。
先日発表したエアデールも、押しつけがましい感じのことはやめにしました。

おととい、ミュージシャンのgatta neraちゃんが我が町に来てくれました。
ハープ弾きであり、絵本のような歌を作り、歌う彼女と、ぬいぐるみとのコラボを計画中です。
たとえば、この試みでは、私が私らしい独自のぬいぐるみを作り、neraちゃんがneraちゃんらしい
歌を作り、歌う事が求められますが、
私はオリジナリティーを求めながらも、やはり、neraちゃんが起こすことや、
二人によって起こることを頂いて楽しんでみようって思います。
[PR]
by dog_god | 2011-02-14 17:29 | 犬ぐるみ完成写真

針供養

e0113673_11192979.jpg毎年、そんなに気にしてはいないのだけど、

今年、トイレのカレンダーには「針供養」の日が印刷されており、

この日は仕事を休んで針供養しようと決めていました。

それが今日です。

正しい供養の仕方は忘れちゃったけど、たしか豆腐に針を刺すんだった

事は覚えていたので、冷蔵庫から豆腐を出して、小さく切って

針箱から出してきた数本の針を刺して、手を合わせてみました。

ぬいぐるみを作る人の針は、けっこう激しく曲がったり折れたりしています。

その曲がり具合が、ちょうど良かったり。

私は、最近ぬいぐるみの鼻をフェルトでチクチクやったりしますが、

このフェルト用の針はとにかくよく折れる!!

フェルト部分だけでなく、ぬいぐるみ本体のモヘアや木毛も

突くので、余計に折れやすいのかも。

針供養なんていう日、誰が作ったんだろ。

ほかにもいろんな道具に助けられて人の暮らしは成り立ってきたのに。

刃物供養とか、輪っぱ供養とか、筆供養とかそういうのは無いのかな?

でも、なんかわかるなぁ。

針には、なんだか念がこもっているような気がします。

「ひと針ひと針思いを込めて」ってよくある表現だけど、

針先には、確かにいろんな思いが集中します。

その私の思いやら、針のご苦労やら色々供養して。。。

やっぱり今日もぬいぐるみを作ろ。

チクチクじゃなくて、針がチャクチャクと進むかもね。
[PR]
by dog_god | 2011-02-08 11:17 | 手作り

富士山ワイルド散歩

e0113673_2151283.jpgハルッカ♪を連れて富士山二合目「水が塚」まで行ってきました。

山中の遊歩道を、最初はリード付きで、

ほかには誰も人や犬が通りそうもないので、少し奥へ進んでからはリードから離しました。

人や犬に向かっていく心配は無くても、野生動物を追ってしまわないかという心配が。

少し前に、一合目あたりで、猟のおじさんたちが居たので、犬を放っても大丈夫か聞こうと

声をかけると、「放った犬がモノを追って帰ってこない。」と探知機のようなものを見ながら困った様子でした。


ハルッカ♪も帰って来なくなるのでは、、、と思いつつも、山の中をガッサガッサと走らせたい

気持ちは押さえられず。

リードを離しても、しばらく私の左側に付いて歩いていましたが、

だんだんペースがアップしてどんどん雪道を走っていき、

時々、何かのにおいを捉えて、サッと藪の中に入っていきます。

ガサガサガサッと音だけが聞こえてきて、姿はあっという間に見えなくなります。

うさぎやシカのにおいを追っているのでしょう。

ハルッカ♪の様子で、戻ってこないことは無いだろうと思えたのですが、

戻ってきたときに、うさぎでも咥えて、顔じゅう血だらけだったらいやだなぁ~、

なんて。

静かに耳をすませ、ハルッカ♪の気配をうかがいながら時々呼んでやり、

無事に呼びもどしては、また歩き、また藪に入り。

しばらくそうやって遊び、なんだかすっきりしました。

車に乗り、下界に下る途中、道路の真ん中にシカのファミリーが現れました。

車を見ても恐れることもなく、じ~っとこちらを見ているので、

クラクションを鳴らして退いて貰ってさらに下っていくと、

さっきの猟のおじさんたちが、まだ犬を探しているようでした。

猟の訓練をしていないハルッカ♪も獲物を追ったら、帰って来ないのだろうか。

今日のところは、無事でよかった。

ヨーキーのハルやルカとは出来なかったちょっとワイルドな散歩。
[PR]
by dog_god | 2011-02-06 21:04 | 犬との暮らし

ブ~ン。

カナブンちゃんから、ライブのお知らせです!
今回、海外のお仲間さんと演るそうです。

そういえばカナブンちゃんて、けっこう海外に滞在してたりするんだった。
かっこいいライブになりそう。
生活困窮者に優しいライブみたいですよ。
お金持ちの人はたくさん飲んじゃって。


KANABOON Live Information

2011年、初のライブは New Yorkからやって来る『 HEXA(ヘクサ)』と
Londonから来日する『 I am Kamura』とご一緒する事になりました。
2月9日はそれにコンクリーツも参入。
なんだか今年も楽しくなりそうです。
是非、遊びに来て下さい。

《 HEXA Tokyo Tour 》
~Chuo Line 2days~

 2011年2月7日(月)
 西荻窪 【CLOP CLOP】
 03-5370-2381

 2011年2月9日(水)
 国立 【地球屋】
 0425-72-5851

出演
◆HEXA ヘクサ(from New York)
http://www.wordculture.com/
Davis Perlis (Guitar,Harmonica,Vocal)
Preeya Jensen (Vocal,Percussion)

◆I am A Kamura(from London)
Atsuko Kamura ~ex.水玉消防団 ex.フランクチキンズ~ (Vocal,Keyboard)
Robert Storey (Guitar,Vocal)
◆コンクリーツ+エメラルズ(2月9日のみ出演)
◆KANABOON (Vocal,Guitar)

両日共
Open 19:00
Start 19:30
Charge+1order
   当日 \2,000
予約またはフライヤー持参      \1,500
★学生、生活困窮者(自己申請)は\500以下でどうぞ。
[PR]
by dog_god | 2011-02-04 22:25 | お知らせ

ギフト

e0113673_21293662.jpgお二人のお客さまから同時に贈り物を頂く。
ハルとルカを天国に送って下さった動物霊園のスタッフさんから
お手紙を頂く。
ハルの誕生日の翌日だった。
彼女はその仕事にふさわしい特殊な能力を持つ人。

皆さんの中に、私へのお気持ちと、
私にではないもっともっと広くて深い、生き物=生命への
慈しみを感じる。


私の中で、皆さんの思いと、天国に居る仲間たちと、
こちらの世界で生きていく喜びや孤独がひとつの豊かな世界になっていくような感覚。
それをたぶん「愛」という言葉にしてもいいんではないかと思う。

私は人間て本質的に汚いって思って生きてきた気がする。
でも、人間以外の生き物と同じように純粋に輝いている、本質的な
善や美しさを感じられるようになってきた。
皆さんのおかげで。

でも、それを感じるためには、自分を変える必要があったのだと思う。

まだまだ何かが変わっていくのかもしれない。

変わっていかなければいけないのかもしれない。

ただ自然に任せていけば変わっていかれるのかもしれない。
[PR]
by dog_god | 2011-02-03 21:29 | こころ