できるかどうか。

いったいどれだけ時間をかけてるんだ、シャイロシェパード。

でも、やっと。

顔ができたな。と思う。

似せようとする。似せようとしない。

両方の気持ちでやってる。迷いながらってわけでもない。

淡々とやってる。

喜んでいただきたい、喜んでいただけない。

両方の気持ちが順番にくる。

この子を飼い主さんのもとに帰してあげたい。

そういう気持ちはいつだってある。

飼い主さんもぬいぐるみになって再び現れるこの子に会いたがっている。

この子だって、悲しんでいた、ママの笑顔を見たいと思ってる。



それがなければ、「私にはできません」って断ればいいんだから。

「私にはできませんでした」そう言うかもしれない。

そう言うかもしれない、と思いつつ、淡々とやってる。

私のもとにある、ハルとルカのぬいぐるみ。

あの子らが居てくれることが、亡き犬を淡々と作らせる。

今、私にできることをただ捧げるんだ。
[PR]
by dog_god | 2010-05-12 23:37 | 只今制作中
<< アブラムシとアリの関係 適正 >>